『冷蔵庫収納のコツ』

冷蔵庫の中ってゴチャゴチャしがちで、いつのまにか賞味期限を切らしてしまったり、自分でも在庫を把握できなくて二度買いしてしまったなんてこともよくありますよね。お客さんがきたときにも絶対に見せるわけにはいかない場所です。

そんな冷蔵庫収納のコツを実例画像と共に見ていきましょう。中をすっきりさせれば二度買いなどの無駄な出費もなくなるし、詰め込みすぎを回避できれば電気代の節約にもなりますよ。

-

まずは収納場所を決める

-

特に一番上の段は見づらくて取り出しづらいので、賞味期限が長い食材を入れておいたり、いつも常備している食材を入れておくと、保管しているものを把握しやすくなります。

-

引き出すトレーを使って収納

-

引き出せることで奥にある食材も一目で確認できるので、忘れ去られて腐ってしまったなんてことがなくなります。見た目にもキレイに見えますよね。

-

容器を統一してキレイに収納

-

ちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、特にいつも冷蔵庫にある調味料などは、詰め替えといたほうが無駄なスペースを取らないし整理収納しやすくなります。

-

調味料の収納方法

-

位置がなかなか定まらないマヨネーズやチューブタイプの調味料は、容器を入れ替えるのも良いんですが、そのまま収納するにはどんな方法があるんでしょうか。

-

冷凍庫は立てて収納

-

冷凍庫は立てて収納しておけば、上から見て使いたい食材がすぐに見つかります。さらに、冷凍庫の場合は詰め込んでおいた方がそれぞれの食品が保冷剤代わりになり、電気代の節約になります。

-
のページ1 / 2のページ