年齢を重ねるにつれて、顔周りのお肉が気になってきたという方は多いと思います。顔の脂肪は、体の脂肪と異なり一度ついてしまうとなかなか落ちにくいため、日頃から顔の筋肉を意識的に動かすことが大切です。

今回は、顔のむくみが気になる方のために、日頃の生活の中に取り入れやすい顔痩せストレッチを集めました。ストレッチは続かないという方は、顔痩せにつながる生活習慣も併せてご紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

-

いつでもできる顔痩せストレッチ

-

1. ウイウイ体操 about-nihon.seesaa.net深イイ話で紹介されていた美容法、若返り法♪ 仁科亜季子さん、美魔女山田佳子さん、吉川朋孝メソッド...

仁科亜季子さんも実践しているというストレッチです。やり方はとっても簡単で、「ウイウイ」と言うだけ。ポイントは「ウ」「イ」という時に、口の筋肉の動きを意識すること。「ウ」でしっかり口をしぼめて、「イ」で思いっきり口角を上げます。これをゆっくり20回ほど続けます。顔の表情筋を口周りを中心に鍛えることができ、顔のたるみや、ほうれい線の予防に効果があります。

-

2. まいう体操 antiaging6.blog.fc2.com世界一受けたい授業のほうれい線&顔のたるみを消す「まいう体操」のやり方

ウイウイ体操と同じ原理のストレッチ方法です。「ま」「い」「う」と、大きな口で声を出しながら言います。一言につき10秒を朝昼晩に5セット行います。ウイウイ体操と同様、発声する時に、顔が痛くなるくらいしっかり口を動かすのがポイントです。

-

3. ポリバケツ体操 health.kihon.jp5文字の魔法の言葉で小顔をゲットする方法

こちらも前の2つの体操と同じ方法です。「ポ」「リ」「バ」「ケ」「ツ」と、それぞれ10秒間、声に出して言います。目の周りや首筋など、顔全体の筋肉を使って行うと効果的です。

-

4. 歯茎舌回し運動 diet-bh.com顔痩せダイエットには歯茎舌回しが効果的!小顔テク!絶対やって見て!

口周辺の筋肉を刺激するエクササイズです。やり方は、円を描くように舌先で歯茎をなぞるだけ。1周を1回として25回行い、終わったら逆回転で25回まわします。これを一日に2セット行うだけ。たるんだ頬のお肉や顎のお肉の引き締め効果が期待できます。

-

5. 舌だし運動 ameblo.jp93%の人が二重あご!すっきり小顔の作り方

特に二重あごなど首回りに効果のあるエクササイズです。やり方は、まず舌の先が自分で見えるくらいまで、舌を前に伸ばします。そのあと、舌を下、上、右、左、最後に左右にぐるっと1回転を、それぞれ5秒行います。舌の動きと一緒に、両肩も下に引っ張られているイメージで下げて5秒間キープするのがポイント。早い人は2週間で効果が実感できるそうです。

-

6. 下唇突き出し運動 slism.jp1日3分で二重あご解消!顎下タプタプを引き締める簡単エクササイズ

あご先のたるみを改善するエクササイズです。やり方はいたって簡単。真上を向いて下唇を突き出し、3~5秒維持して、唇・顔の向きをゆっくり元に戻すだけ。あごの筋肉を鍛えることで、すっきりとしたフェイスラインを維持できます。

-

7. 顔全体のリンパマッサージ allabout.co.jp小顔リンパマッサージで正月太りを即解消!

リンパの流れが改善すると、顔のむくみがとれ、顔痩せ効果があります。リンパマッサージの中で、特に重点的にケアしたい箇所は「耳たぶ近く」と「首からデコルテライン」です。リンパケアをすることで、顔痩せストレッチの効果が高まりますので、ストレッチ前にセットで行うことをお勧めします。出典元では、具体的なマッサージ方法を写真付きで解説しているので、気になる方は是非ご覧ください。

-

8. 首回りのリンパストレッチ slism.jp1日3分で二重あご解消!顎下タプタプを引き締める簡単エクササイズ

顔全体のリンパケアをする時間のない方は、首周りだけでも行いましょう。首筋の筋肉周辺にはリンパ節が多く存在しているため、リンパの流れを良くするためには、この筋肉を日頃からほぐしておくことが大切。やり方は、「1・2・3」と数えながら、3秒かけてゆっくりと右に顔を向け、3秒かけて元の位置に戻します。左向きも同様に行います。

-

顔痩せにつながる生活習慣

-

1. 固い食べ物を食べる・ガムを噛む kogao-smile.com固い食べ物で小顔になる方法

顔の筋肉を多く使うために、たくさん噛むというのはとっても大切。小顔になる方法として、固いものを食べることが重要です。また、ガムをかむと顎の筋肉が鍛えられるため、顔のたるみ予防になります。

-

2. 鼻呼吸をする ameblo.jp93%の人が二重あご!すっきり小顔の作り方

口呼吸が習慣化すると、口角を上げる筋肉が衰え、ほうれい線や二重あご、ブルドック頬といった顔の老化の原因となります。二重あごで悩んでいる人のほぼ100%が口呼吸なんだそうです。新陳代謝が低下し、痩せづらい体質にも繋がるので、意識的に鼻呼吸をするように心がけましょう。

-

3. 笑顔を心がける kagemiro2014.comストレス解消には、笑顔が大切!顔やせ効果も?

笑う時の口の動きは、頬や顎の筋肉を鍛えることに繋がります。普段から笑顔を意識することで、表情筋が鍛えられ、顔のたるみやむくみが解消できます。小顔も手に入れられるかもしれません。

-