2016年8月1日 更新

こんなにスッキリできるなんて…目からウロコの「押入れ収納」テクニック

1,209,170 views

押入れやクローゼットって「扉さえ閉めてしまえば見えないし…」と、物をギューギューに詰めちゃってる人も多いですよね。もう何をどこに入れたのかわからない!なんてこともよくあるんじゃないでしょうか。

でもやっぱりそうなると、目当てのものが全然見つからなかったり、ほしい物も取り出しにくかったりと不便なことが多いもの。そんなわけで、みんなのアイデア収納術を参考に、押入れ収納を見直してみませんか?

-

まず知っておきたい基本テクニック

-

みんなの押入れ収納実例集

-

みんなはどんな感じで押入れ収納してるのか、その実例集を集めてみました。ふすまを取っ払ったり、ふすまの代わりにカーテンを使ってる方が多いんですが、そうすれば通気性が良くなるのでカビ対策にも効果的ですよ。

-

こんなスッキリした押入れにしてみたいものですね~。やっぱりすき間があるからと詰め込みすぎない方が良さそうです。

-

突っ張り棒に服を吊るしたり、カラーボックスやラックを活用すればここまでスッキリさせることができます。

-

これだけ綺麗に収納できたらふすまを取っちゃうのもアリですね。右のカラーボックスと左の壁の間に突っ張り棚を設置して、デッドスペースを有効活用してます。

-

これもスッキリしてますね。ハンガーラックにはポプリを吊るして香りにもこだわってるんだとか。なかなか良いアイディアかも!

-

無印のPPケースを使ってスッキリと。洋服などはPPケースに入れて、その上のカゴなどに小物類を収納しています。

-

上部分にはタオルや小物など使用頻度が高いものを、下部分には布団や色々なストックなど使用頻度が低かったり重いものを収納しています。

-

このスッキリ感は尋常じゃないですね。もう生活感すら感じないレベルで綺麗に収納されています。

-

押入れの下のスペースに子供服を収納!こういうところに設置できる突っ張り棒みたいなハンガーラックというのがあるみたいです。

-

ふすまを取っ払っちゃってカーテンを付けるのもなかなか良さそう。通気性がアップして使い勝手も良くなるみたいです。

-

こちらもふすまの代わりにカーテンで。カーテンレールを付けなくても突っ張り棒みたいなのでつけることができるみたいです。

-

ちょっと面白い押入れ活用テクニック

-

これ押入れなんです。完全にデスク化してますね。ライトの配線とか必要になるけどこんな風に使えたら便利そう。

-

こちらは右側は収納スペースで左側をデスクとして使ってます。ライトを設置しなくても窓側だから日中は快適に使えそう。ふすまを取っ払って白いペンキを塗ればとても押入れとは思えない感じになりますね。

-

一番下の段にちびっこが遊べるスペースを確保!秘密基地みたいな感じで面白そうです。子どもはこういうの大好きですよね。

-

押入れにおすすめの収納グッズといえば

-

特にフィッツケースは衣類を収納するならこれ以外ない!ってぐらい人気ですね。積み上げてもしっかりハマってくれて、上に重いものを乗せても真ん中が潰れないのでかなりオススメ。他の衣装ケースとは比べ物にならないぐらい使い勝手良いです。

-