気をつけたいリップケアのこと

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかも!?唇は他の皮膚より薄くデリケートなので、ちょっとしたことでも大惨事に。リップクリームの使い方や生活習慣の改善でぷっくら潤いリップを手に入れよう。

-

1. 1日に何度も塗っている

リップクリームは唇の乾燥を防ぐ代わりに、細胞のターンオーバーを妨げてしまいます。荒れているときも1日に2~5回までにとどめておきましょう。

-

2. 横向きに塗っている

口紅みたいに横にスライドさせて付けるのは絶対NG。唇の組織は縦になっているので、シワの奥にしみこませるように縦に塗りましょう。

-

3. 取り出してそのまま塗っている

特に冬場だと、先端は固まっているので、そのまま塗ると唇が引っ張られて唇破壊するだけ。先端を唇や身体のどこかに軽く押し当て、溶かしてから塗りましょう。

-

(4)最後に上唇と下唇を合わせてなじませている

摩擦によって荒れやすくなってしまいます。

-

5. メントールやペパーミント配合のリップを使っている

乾燥を防がないどころか、刺激によって症状を悪化させます。薬用リップクリームを使うようにしましょう。

-

6. 外出時も普通のリップクリームを使っている

冬でも紫外線は降り注いでいるのでUVカットのリップクリームを使いましょう。UVカットタイプだけで潤いが足りない場合は、保湿タイプを塗った上からUVカットを塗ります。

-

1. 唇を舐めたり皮をむいている

舐めると唇そのものの油分が奪われ、皮をむくと唇が傷ついてしまいます。舐めるのは絶対に我慢して薬用リップクリームを塗ったりきゅうりパックなどをしましょう。

-

2. 口で呼吸している

唇が乾燥する一番の原因は「自分の息で乾かしている」ということです。つまり口で息をすることで常に唇をフーフーと乾かしていることになります。

-

3. メイクや食事の後の唇をそのままにしてる

メイクや食事の油や塩や調味料などが残っていると、その刺激によって乾燥が加速。唇はできれば食事毎に洗って、ティッシュで拭うときもポンポンと優しくすることが大切です。

-

1. 歯磨き粉をたっぷりつけている

多くの歯磨き粉に含まれる合成洗剤は肌に残りやすく、唇の乾燥を引き起こす場合があります。歯磨き粉を変えたり、歯磨きの後は唇をよく洗うように心がけましょう。

-

2. うつぶせで寝ている

うつ伏せで寝ていると、無意識のうちに寝具との摩擦で唇の皮膚がこすれてしまっています。コットンやガーゼタオルなど、なるべく肌に優しい素材の布で枕をカバーしましょう。

-

3. 調味料をかけすぎている

特に塩や唐辛子の刺激によって唇の乾燥が悪化。食事の前にリップクリームを塗っておき、唇に刺激物がふれるのを防ぎましょう。

-

4. コーヒーやオレンジジュースをよく飲む

唇は他の皮膚より薄くデリケートなので、刺激物にとても弱いです。代わりに水をたくさん飲めば、体内の水分量が適切になり、唇の血色もよくなります。

-

上手なリップケアの方法は?

-

ぷるぷる唇を手に入れよう♡

-