2014年8月21日 更新

イソジンうがいはやる意味なし!正しく効果的な「うがい方法」って?

351,842 views

『うがいの正しいやり方』

誰もが一度は思う「うがいって本当に効果あるの?」ということ。しかし、水うがいをした人は40%も風邪を防げるという研究結果がちゃんとあるようです。正しく効果的なうがい方法を知って風邪を撃退しちゃいましょう。

-

1. 2003年京都大学の調査www.kyoto-u.ac.jp京都大学保健管理センターflu

水うがいをした場合、しない人に比べて風邪の発症確率は40%低下。

-

2. 2006年浜松医科大の調査tundaowata.comうがいって意味あんの?ツンダオワタ情報

水うがいをした場合、しない人に比べて発熱の頻度が68%に抑えられた。

-

1. 手をキレイに洗う、もしくはコップを用意する
汚い手のままで水をすくってうがいをしても、全く意味がありません。

-

2. まずは口をすすぐ

いきなりガラガラうがいはNGです。口の中の細菌が、うがいの水でノドに運ばれてしまいます。まずはクチュクチュと、口の中だけをすすいで吐き出しましょう。

-

3. そのあとでガラガラ

喉の奥を意識しながらガラガラ~。「オ~」と発声しながらやるのもいいんだそうです。10秒×2~3回やりましょう。

-

1. イソジンうがいwww.kyoto-u.ac.jp京都大学保健管理センターflu

風邪予防には水でうがいをするよりもイソジンうがいの方が効果があるように思いがちですが、イソジンうがいをしている人は、水うがいどころかうがいをしない人たちと同じぐらい予防効果がないという報告が。これはヨード液がのどに常在する細菌叢を壊して風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりするためと考えられているようです。

-

2. 塩水うがいtundaowata.comうがいって意味あんの?ツンダオワタ情報

水道水では発熱の頻度が70%になったのに対し、塩水では50%になったという報告があります。塩水には喉の痛みをやわらげ、アレルゲンや菌類などの刺激物をのどから取り除く効果があります。コップに塩ひとつまみほど入れてうがいをしてみましょう。

-

3. 緑茶うがいtundaowata.comうがいって意味あんの?ツンダオワタ情報

水道水では発熱の頻度が70%になったのに対し、緑茶では32%になったという報告があります。お茶に含まれているカテキンには殺菌作用があるので、インフルエンザなどのウイルス性感染症を防ぐ抗ウイルス性効果があるといわれています。

-

4. 紅茶うがいwww.nikkeibp.co.jp第11回 “紅茶でうがい”で新型インフルエンザを予防 - nikkeibp.jp

紅茶は緑茶を完全発酵させた茶葉なのでカテキンの作用がより強まるそう。ワクチンはウイルスの型と一致しないと効きませんが、カテキンは型に関係なく効果が期待できます。ちなみに紅茶を飲むのではだめで,ミルクティーも効き目がないそうです。

-

5. オイルうがいbihada-mania.jpオイルうがいで風邪と喉の乾燥を防ぐ方法 | 美肌マニアの美容情報

スーパーに売っている普通のゴマ油を使ううがい法。喉の痛みや乾燥に効果的なんだそうです。詳しいやり方はリンク先でどうぞ。

-

オススメの洗口液といえば

-

詳しくはリンク先でもまとめてるのでそちらも要チェックです!

いや~な口臭もすぐスッキリ!この世で一番効くマウスウォッシュといえば

m3q.jp
-