2015年1月5日 更新

マスクをして寝るのって良いの?悪いの?いろいろと良い効果はあるみたいだけど…

298,223 views

空気が乾燥してくるこの季節。美容や保湿のためにマスクをして寝るって人も多くなってきますよね。これって確かに喉の痛みが良くなったり、お肌や唇がぷるぷるになる効果があるんだけど、注意しておかないといけないポイントもいくつかあるみたい。そんなわけでマスクをして寝ることのメリットやデメリット、注意点なんかをまとめてみました。

-

喉の痛みを抑えるために、マスクで保湿しておくのはとっても効果的。風邪のウイルスというのはとっても小さいので、マスクをしてても生地の目をすり抜けていっちゃうんですが、保湿することでその活動を鈍らせることができます。なので炎症が進むスピードが遅くなり、こうした症状を緩和することができるんです。

-

オススメなのはやっぱりぬれマスク系なんだけど、これってちょっと息苦しいからずっとつけとくのは大変ですよね。そんなときは鼻セレブマスクの方がオススメかも。息苦しさも肌への刺激もまったくないと評判になってるみたいです。

-

マスクをしとくと自分の息による自然のスチーム効果があるので、朝起きた時にしっとりもちもちの肌を作ってくれます。ただこれは、敏感肌の人や寝相が悪い人だと、マスクが肌に擦れて逆に肌荒れの原因になることもあるので注意。クリームや化粧水をたっぷり塗ってからマスクをつけると良いみたい。

-

ちなみにこれはワセリンを塗ってからマスクをつけとくと、鼻や口周りのガサガサもすぐ治るし、ほうれい線にも良いみたいだからオススメ。中でもサンホワイトというワセリンは、一番精製度が高い最強のワセリンなので、敏感肌の方や赤ちゃんでも安心して使えますよ。

-

これもお肌と一緒で、自然のスチーム効果のおかげでぷりぷりになれちゃいます。リップクリームや唇専用の美容液をたっぷり塗ってからマスクをしとくとさらに効果的ですよ。鼻をかみすぎて荒れてしまってる人なんかも、ワセリンやクリームを塗ってマスクをつけとくのがおすすめなんです。

-

リップクリームは変に安いのを使ってると、逆に乾燥が悪化しちゃうので注意しましょう。おすすめのリップクリームや唇美容液はこうしたものがありますね。

-

マスクの保湿効果は良いことがいっぱいなんだけど、注意しておきたいのはその分雑菌も繁殖しやすくなってるということ。菌は湿った場所が大好きだから、どんどん繁殖して見えないだけで菌だらけ~!な状態になっちゃうと、その菌が肌についてニキビの原因になることがあるんです。ニキビを隠すためにマスクをしてるって人も多いと思うけど、それがニキビを悪化させることもあるわけですね。

-

そんなわけでマスクはちゃんと洗ったりして衛生的にしておくことが大切。刺激が少ない鼻セレブマスクなんかを使うのも良いかもしれませんね。洗顔や化粧水もお肌に優しいグッズを使うのがおすすめですよ~。

-