花粉症対策に忘れてはならないのがやっぱり食事。他の花粉症対策のように即効性があるわけではないんだけど、食事によって体質から改善していくことで、緩和させるだけじゃなく花粉症を治すことだって出来ちゃうかも。そんなわけで花粉症に特に効果があるとされてる食べ物や飲み物を集めてみました。花粉症に効くという市販薬なんかもちょこっと集めてるので、そっちもチェックしてみてくださいね。

-

花粉症の改善に効果がある食べ物は

-

ヨーグルト

-

ヨーグルトは花粉症に効果がある食べ物の中でもとくに人気が高いですよね。花粉症の人に一日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取してもらったところ、3割の人の症状が軽くなったという実験結果も報告されてるんです。ちなみに理研バイオリソースセンター室長の辨野さんによると、ヨーグルトだけではそこまで効果がなくて、野菜も一緒に食べるのがポイントのようですね。

-

レンコン

-

ヨーグルトと一緒に食べる野菜で特にオススメなのがレンコンです。これは3ヶ月で81%の人に花粉症の症状緩和が認められたということで、試してみると良さそうですね。レンコンに含まれる栄養素には、抗アレルギー作用や鼻の粘膜を覆ってくれたりする効果があるから、それで効くみたいですよ。

-

えごま油

-

花粉症に悩んでる人にぜひやってもらいたいのが油を変えること。これは本当に花粉症を治せるかもしれないってことで、最近かなり注目されてますよね。実はサラダ油などのリノール酸を摂りすぎることでアレルギーが引き起こされてしまうんだけど、えごま油などのαリノレン酸にはそうした働きを抑える効果があります。

-

リノール酸の悪影響を減らすためには、αリノレン酸とリノール酸の摂取割合を1:2にすることが望ましいという研究報告が出されています。

egomaya.comえごま(エゴマ)油の効能・効果

この摂取割合なんですが、実は現代人は1:20ぐらいになってるんだとか。これはもう完全にリノール酸を過剰摂取してしまってるわけです。花粉症の人がどんどん増えてきてるのもこれが関係してるかもしれないってことで今研究が進められてるんです。

-

そこで、植物性マーガリン、ソフトマーガリン、植物性ショートニング、紅花油・サラダ油、サフラワー油、ひまわり油などの使用を控えて、αリノレン酸が豊富に含まれているえごま油を摂取することが大切です。

egomaya.comえごま(エゴマ)油の効能・効果

ちなみにリノール酸はカップラーメンやフライドポテトなどの揚げ物全般が多いのはもちろんのこと、納豆、豆腐、豆乳、クルミといった豆類にも意外と多く含まれています。なので花粉症の人は注意しておきましょう。

-

シソ

-

シソもえごま油と同じでαリノレン酸を多く含んでるからオススメ。最近はシソサプリメントやシソジュースなんかも出てるから、こういうのを飲んでおくと気軽に対策できて良いかもしれませんね。

-

トマト

-

トマトは生で食べると逆に悪化することもあるから注意。花粉症対策で食べるならトマトジュースや缶詰といった、加工品を食べるのがオススメです。トマトに含まれるリコピンを継続的に摂取することで症状緩和に効果があるんだけど、このリコピンは加工品の方が多く含んでいて生のトマトのなんと3倍も多く含まれてるんです。

-

-

花粉症などのアレルギー反応は、ヒスタミンという成分が体内に放出され、それがくしゃみや目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こしています。なので市販薬なんかでも抗ヒスタミン剤ってよく聞きますよね。実は梅を食べることでこの抗ヒスタミン剤と似たような効果が得られるです。

-

花粉症の改善に効果がある飲み物は

-
のページ1 / 3のページ