2017年4月18日 更新

もう夜泣きも怖くない!赤ちゃんをピタっと泣きやませる方法まとめ

赤ちゃんが泣いてるのを、無理なくピタッと泣き止ませる方法があったら知りたいですよね。赤ちゃんに負担をかけないのに、なぜかピタッと泣き止んでくれる方法があるんです。音やマッサージなど、有効なテクニックを紹介します!

509,685 views2 / 2 pages

3. スプーンでなぞってあげる

スプーンの柄を人差し指の腹が少し出るようにして持ちます。赤ちゃんの背骨に沿ってスプーンでなぞってみましょう。スプーンの固さとお母さんの手の柔らかさの2つの刺激で泣き止むそうです。

4. 「ベビーマッサージ」をする

こちらは、赤ちゃんの夜泣きを予防する効果があります。1日15分程度マッサージをしましょう。母乳の出が良くなるなど、お母さんのリラックス効果もあります♡

ベビーマッサージ前半(足からお腹) - YouTube http://www.youtube.com/watch?v=UBduqaik0bI

ベビーマッサージ後半(お腹から背中) - YouTube http://www.youtube.com/watch?v=24J-i1Qluac

視覚で泣き止ませよう

block_img_150812 普段と違った景色を見せることで、赤ちゃんは何が起こったのかを必死で探ろうとします。そうなると、泣いてる場合ではなくなるんですね。ただし、生後1年未満の赤ちゃんは、周りを認識する機能が未発達なので効かないようです。

1. 赤ちゃんにサングラスをかける

多くの赤ちゃんがこの方法でピタッと泣き止むそうです。

2. 鏡を見せる

鏡を見せて、自分のことを見せてみましょう!お父さん・お母さんも一緒に鏡に映り込んで、赤ちゃんに呼びかけてあげても効果があるようです◎

3. 子供の写真を見せる

過去に撮った写真などを閉じた簡単なアルバムを見せてみましょう。子どもにページをめくらせてあげると、それに夢中になってくれます◎

4. 泣き顔を録画する

スマートフォンなどで、子どもの泣いている姿を録画して、再生して見せてみましょう!スマートフォンを見せるだけで、興味が惹かれて泣き止むこともあります♡

これで泣き止んでくれない赤ちゃんも笑顔に♡

block_img_150815

いかがでしたか?外出中や夜中など赤ちゃんがどうしても泣き止んでくれなくて困ってしまうときに是非試してみてくださいね♡