2016年10月3日 更新

冬に飲みたいドリンクNo.1!「生姜湯」の身体にうれしい効能

241,208 views1 / 2 pages

冬にはやっぱり生姜湯♪

生姜には体をポカポカと温める効能があると評判ですが、それは熱を手足などに送り込む作用によるものなんだそう。風を引いたときに摂取すれば熱を下げてくれますが、普段生のまま食べるとかえって体の深部を冷やす結果になることも…!そんな時は「生姜湯」がおすすめです♪

生姜は火を加えることで、温め効果がパワーアップするって知ってましたか?冷え性の方には、生の生姜より生姜湯のほうが効果的ということですね!

今回は、寒さが厳しいこの時期にぴったりの生姜湯についてご紹介します。 参考:身体を冷やす!? 「しょうが」は食べ方次第で逆効果になる(WooRis) - エキサイトニュース

生姜湯の効能

block_img_24298

1. 身体を温める効果

生姜にはショウガオールが含まれ、血流を促進する効果があります。そのショウガオールは温めることによって増えるんだそう。なので冷え性さんは、生姜湯などの熱を加えた生姜を摂るほうがより冷え性対策に効くんです!

2. 免疫力UPで風邪の予防

生姜には、白血球の数を増やすことによって免疫力を高めてくれるジンゲロールが含まれています。この寒い季節に、特に悪寒がする…なんて心配を感じたら風邪のひき初めかも!そんなときこそジンゲロールを摂ると効果的とされているのでぜひ♪

3. 生理痛を緩和する効果

生理痛が重いと毎回大変ですよね。生理痛は下半身の冷えも要因の一つなので、身体の温め効果の高い生姜湯がおすすめ。 血行を良くなって体が温まるため、つらい痛みも少しは改善されるはず!

4. ダイエット効果

block_img_24305 生姜を摂ると体があたたまることは解説してきましたが、それによって新陳代謝が良くなると、嬉しいダイエットに効果まで期待できるんだそう。運動と組み合わせて温まった体でどんどん燃焼しちゃいましょう!

5. 腹痛・吐き気の緩和など

生姜には、腹痛や吐き気の緩和の効果もあるんだそうです。ほかにもめまい、強心、コレステロールの低下、解毒、抗菌、鎮痛、酸化防止など様々な体の問題に効くこともあるようです。体の調子が悪いな、と感じたら生姜湯を飲むようにしてみてください。

スポンサードリンク

生姜湯の上手な飲み方

1. 効果のバランスが良いのはぬるめの生姜湯

血流を良くするショウガオールは温めると増え、免疫力を高めるジンゲロール冷えている除隊のほうが多く含まれるとされています。なのでより欲しい効果に合わせた温度で飲むか、どちらもバランスよく摂りたい方はぬるめで飲むといいですね。

2. 朝や寝る前に飲むと◎

block_img_24310 朝に白湯を飲むと良いなんて言われていますが、朝に身体を温めておくとその日一日体温が上がりやすくなるんだとか。また、おやすみ前にも飲むことで手先や足先にも熱がいきわたって、よく眠れますよね。

3. 摂りすぎに注意

生姜は刺激性のある食べ物ですから、胃腸の弱い方は腹痛や下痢になってしまう可能性もあるんだそう。また、熱の症状や体質によっては症状を悪化させてしまう恐れもあるため注意が必要です。

>>こちらで詳しく解説♪【「しょうが」でポカポカ温まろう】 http://masuda-ph.sakura.ne.jp/otsu_mitsuhama/2014/01/post-23.html

生姜湯レシピ

生姜湯は基本的な作り方さえ一度覚えてしまえばお家で簡単に作れます。材料もっとってもシンプルなので、生姜さえ常備しておけば、飲みたい時にすぐに作れますよ♪

はちみつ生姜湯