2017年4月25日 更新

いま話題の「クラックビー玉」アクセサリー♡フライパンで炒るだけで出来ちゃうって本当?

ビー玉を熱してから氷水につけるだけで出来る「クラックビー玉」。とてもビー玉とは思えない綺麗さということで話題になりましたが、「クラックビー玉」は本当に宝石のような輝きを放ちます♡今回はそんな「クラックビー玉」の作り方を完全レクチャーしちゃいます♡

341,205 views1 / 3 pages

キラキラ光る『クラックビー玉』って知ってる?

block_img_25392

ビー玉を熱してから氷水につけるだけで出来る「クラックビー玉」。とてもビー玉とは思えない綺麗さということで話題になりましたが、「クラックビー玉」は本当に宝石のような輝きを放ちます♡思わずグラスに入れて飾りたくなっちゃう!今回はそんな「クラックビー玉」の作り方を完全レクチャーしちゃいます♡

スポンサードリンク

クラックビー玉って一体ナニ?

すごく手が込んで作ってあるように見えるこのアクセサリーの主役は、ずばり「クラックビー玉」♡普通のビー玉にヒビを入れることで、キラキラしたクラック(ひび割れ)ビー玉に変身しちゃうんです!

そして作り方は、ビー玉を熱してから氷水につけるだけ!となんとも簡単なもの。ハンドメイドアクセサリーの材料としても大活躍しそう◎

様々な色のクラックビー玉を作って、グラスに入れるだけでも可愛いインテリアになりますね♡クラックビー玉の使い道は幅広いんです!

そんな「クラックビー玉」の作り方を調査♡

ビー玉は一色のものか猫目のものを選ぶと、比較的割れにくいようです。マーブル模様のビー玉だと半分に割れてしまうことが多いそうなので、避けたほうが無難かもしれません。

クラックビー玉♢STEP1▷「フライパンでビー玉を炒る」

フライパンにビー玉を乗せたら中火→強火の順で10分~15分程加熱します。途中ゆすったり転がしたりして万遍なくビー玉を熱しましょう。(オーブンの場合は200度以上で10~20分ほど加熱すればオッケー)

クラックビー玉♢STEP2▷「熱したら氷水に入れる」

熱し終わったら、ビー玉をすぐさま氷水に浸けます。高い位置からビー玉をボウルなどに入れると、割れてしまう可能性があるので、入れる時はスプーンなどでそっと入れて下さい。

10分くらい放置すると、パキパキと少しずつひびが入ってきてあっという間にクラックビー玉に♡

クラックビー玉♢STEP3▷「仕上げに透明マニキュアを塗る」

block_img_25405

冷やしてすぐのクラックビー玉はヒビが入って割れやすくなります。そのため、補強の意も込めて仕上げに、クラックビー玉に透明のマニキュアを塗りましょう◎

塗り方としては、まずクラックビー玉の片面に透明マニキュアを塗って、乾くのを待ちます。乾いたらひっくり返してもう片面を塗れば、痕がつかずに綺麗に塗ることが可能です♡ また、一度にたっぷり塗るよりも、薄く何度か重ね塗りを繰り返したほうが仕上がりがとても綺麗になりますよ♡

クラックビー玉♢STEP4▷「ネックレスにしたい場合は」

クラックビー玉に接着剤でベルキャップやカン付きビーズキャップなどを取り付けます。接着剤が完全に乾ききったら、クラックビー玉に丸カンとチェーンを通すだけで完成♡クラックビー玉はネックレスにだけでなく、ストラップやかんざしに付けることもできちゃうんです!