2016年10月3日 更新

冬でも寝る時ポッカポカ!寒い夜にぐっすり快眠するコツ

102,375 views1 / 1 pages

冬の夜の防寒対策はこれでばっちり!

block_img_26096

朝晩の冷え込みが厳しいこの季節は、ぐっすり眠ることもままならないという女性も多いはず。冷え性持ちの方は、特に眠れない夜をお過ごしではないでしょうか?

ネット上には、そんな寒い夜でも暖かく快眠できるコツがたくさん転がっています。ちょっとした心がけで、寒い夜もポッカポカで眠ることができるようになります。

今回は、そんな寒さ厳しい夜にぐっすり快眠できるコツをまとめました。

寒い夜にぐっすり快眠するコツ

1. 朝食に牛乳・バナナを食べる

寒い冬、快く眠るには 朝食しっかり食べるのも有効  :日本経済新聞 夜ぐっすり快眠するためには、眠りを促すホルモンを夜上手に作り出すことがポイント。牛乳、バナナ、魚やナッツ類などにはトリプトファンと呼ぶアミノ酸が含まれており、夜になると、メラトニンという眠りを促すホルモンをつくるもとになります。

2. 厚着をしない

知ってなるほど! 冬寝具の使い方4つのコツ:日経ウーマンオンライン【眠りを味方につけて女をあげる】 厚着をすると、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、血液循環の妨げになるなど、睡眠リズムに悪影響を与える要因になります。また、重ね着をしすぎると汗が蒸発しにくなり、体の熱が発散されず寝苦しくなります。

3. 掛け布団を重ねすぎない

冬こそ快眠!寝相が悪い原因とは? | web R25 厚着をするのと同様、掛け布団が重すぎると、寝返りに必要以上に力が入るため、ぐっすり眠ることの妨げになります。敷き布団を温かいものに替えて調整するのが効果的です。

4. しめつけのきつい靴下を履かない

靴下を履いて寝るのは血めぐりによくない?|睡眠トラブル|気になる症状|血めぐり研究会公式サイト 冷え性の方は靴下をはいて寝る方も多いと思いますが、足を圧迫するような靴下は、足首や指の血行を阻害し、かえって冷えを悪化させることにもつながります。

5. マスクをして寝る

寝るときのマスクは冷え性(冷え症)にもいいってほんと?|睡眠トラブル|気になる症状|血めぐり研究会公式サイト マスクをしていると鼻のなかに冷たい空気が入らないため保温効果が高まり、体温も下がりにくくなります。また、お肌の乾燥対策にもなるため、女性におすすめです。

6. 布団乾燥機や湯たんぽで温める

知ってなるほど! 冬寝具の使い方4つのコツ-その3、ぐっすり眠れる敷き寝具の使い方のコツ:日経ウーマンオンライン【眠りを味方につけて女をあげる】 就寝前の15分~30分温める目的で布団乾燥機を使用すれば、ふとんの中を快眠温度まですぐにあたためることができ、ポカポカで眠ることができます。同様に、湯たんぽを使うのも効果的です。

7. ぬるめのお風呂に入って寝る

1コでも当てはまらないものがあれば肌老け加速!? 冬の快眠ポイント4つ - Peachy - ライブドアニュース 体を芯から温めるもっとも効率の良い方法は、何といっても入浴です。ぬるめのお湯に浸かり、お風呂から上がって1時間後には床につくようにすれば体がポカポカした状態のまま眠れます。また、体力も消耗するので自然に眠気を誘います(体を温めすぎると、かえって寝つきが悪くなる場合もあります)。

みんながやってる就寝時の寒さ対策

暖房器具に頼るのも手ですが、個人的には寝る前にお風呂に入って、羽毛布団に包まってしまうのが、最も温かい状態で朝までぐっすり眠れる気がしています。

就寝時の冷えは本当につらいものがあります。さっそく今晩からできることもありますので、是非参考にしてくださいね。