block_img_30182 寝る前の入浴にメリットが沢山あるのはわかっていただけましたよね♪そこでここからは、より効果を高める入浴法をご紹介します!

①リラックスしたいならぬるめのお湯で

block_img_30183 身体がもっとも休まるのは「38度ぐらいのぬるま湯に30分浸かる」ことだと言われています。この温度だと副交感神経が活性化され、体の緊張がほぐれて心身共にリラックスできるんだとか。さらに理想的なのは半身浴で、これならのぼせを防げるし心臓に水圧がかかるなどの体の負担も減らせます。

参考URL↓ 夜活の仕上げ!差がつくお風呂の入り方:日経ウーマンオンライン【自分を磨く!「夜時間」】

②ヒートショックプロテイン入浴法で美肌を目指せる!

ヒートショックプロテインとは、コラーゲンの減少を止める働きがあるのです!さらに免疫力が高まったりストレスも解消してくれます。なんだかうつっぽくて元気が出ないなんて時にもオススメです。

block_img_30184 40℃のお湯なら20分、41℃なら15分、42℃なら10分浸かるのが良いようで、入浴後は上がった体温を保持するためにタオルケットなどで10~20分保温します。これは効果が出るのが入浴法を行ってから2日後といわれているので、週に2回やるのが良いようです。

参考URL↓ 【医師監修】お風呂で増える?ヒートショックプロテインとは | ヘルスケア大学

③入浴剤を入れて、もっときれいになろう!

block_img_151028 入浴剤を入れるのもおすすめです!リラックス効果のあるものや、血行を良くするもの、乾燥肌を防ぐものなど色々なタイプの入浴剤が発売されています。自分の体の声を聞いて、体の状態にあった入浴剤を選ぶことが大切ですよ♪

【医師監修】入浴剤の効果はどんなものがあるの? | ヘルスケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/014208/

◆寝る前の入浴で心も体もリラックス♪

block_img_30186 夜にお風呂に入るメリットをご紹介しました。朝シャン派の人も、夜にお風呂に入りたくなりましたよね♪でも朝シャン派の人が急に毎日寝る前にお風呂に入るのはちょっと大変です。入れる時には寝る前に入るようにすることから始めるといいですよ!