2016年12月27日 更新

スタイリングが全然決まらない!髪の静電気を防ぐにはどうしたらいいの?

191,896 views1 / 2 pages

髪の静電気を防止する方法とは?

冬場の天敵と言えば、髪の静電気! バタバタと忙しい朝の時間に、静電気のせいでスタイリングがきまらないと、それだけイライラしちゃいますよね。

さらには静電気を放っておくと、抜け毛などといった症状がでる場合もあるらしく……。 ということで、今回は髪の静電気対策をチェックしてみましょう♪

▼基本的な静電気対策はこちらで確認!

肌荒れの原因にも!?実は悪影響がいっぱいな「静電気」の予防と対策 - M3Q

スポンサードリンク

静電気ってほんとイヤ!

冬になると髪の静電気に悩まされる……という方は沢山います。 パチパチするだけでも気分が悪いのに、髪が広がってセットができなくなると困るんですよね。

髪に静電気が起きる原因とは?

1. 原因のひとつは乾燥

髪の静電気を引き起こす原因のひとつは「乾燥」にあります。 乾燥した髪の毛は静電気を帯びやすく、少しの摩擦でもパチパチと電気が起きてしまうのです。

2. ブラシを使うと静電気!

乾燥した状態でブラッシングすると、摩擦によって静電気が起きやすくなります。 ちなみにブラシの素材によって、静電気の発生率は変わります。

3. キューティクルがボロボロに

静電気が起きると、キューティクルがボロボロになり、髪のダメージが進行してしまうんです。髪内部のたんぱく質や水分はキューティクルが剥がれた箇所から流れてゆくので、パサつきが抑えられなくなってしまいます。

4. 頭皮にも悪影響

乾燥し傷んだ髪の毛ほど強い静電気を発生させます。驚くべきことに、髪の静電気は数万ボルトもの数値を記録するんです!

こうした強い静電気は頭皮にまで影響を及ぼし、髪が細くなったり抜け落ちたりする原因にも。場合によってはかゆみも引き起こします。

いますぐ髪の静電気対策に取り組もう!

1. 洗い流さないトリートメントでケアする

まず行いたいのが、洗い流さないトリートメントを使うこと。

洗い流さないトリートメントは静電気の原因となる乾燥対策に効果的。髪表面をしっかり保護してキューティクルの流失を防いでくれます。椿油や馬油を使っても良いですね♡

▼人気の洗い流さないトリートメントはこちらから!

目指せサラツヤ髪~!おすすめ「洗い流さないトリートメント」まとめ♡ | Linomy[リノミー]

2.ハンドクリームを塗る

洗い流さないトリートメントなんて買ったことない!家にない!という方にオススメなのは、ハンドクリームを髪に薄くつけること!