2017年4月21日 更新

試してみて!止まらないしゃっくりを一刻も早く抑える方法

一度始まるとなかなか止まらないのが「しゃっくり」。しゃっくりをするときに出る声は恥ずかしいし、息も苦しくて早く治したいですよね!そんな誰でも悩むしゃっくりを抑える方法をご紹介♪

2,269,349 views1 / 2 pages

しゃっくりをすぐに止めたい!

block_img_31582 しゃっくりって気にしてないといつの間にか治ってることも多いけど、避けたいシーンで「止まって~!」と思えば思うほど止まってくれないから困りもの。会議中やデート中に突然始まってしまって、困った思いをしたことがある人も多いですよね。

そこでしゃっくりにめちゃくちゃ効くと大きな話題になってる方法を集めてみました♪

そもそもしゃっくりって何?

しゃっくり(吃逆)は、肺の下にある横隔膜という筋肉が痙攣し、声帯がキュッと締まることで「ヒック!」という声が出ます。 横隔膜の痙攣は、脳の司令塔の役割を果たしている延髄が興奮すると起こります。 食べ物などが原因で延髄が過度に興奮してしまうそうです。

スポンサードリンク

ツイッターで話題になった方法

block_img_31583

「しゃっくりは人差し指を耳に入れ30秒~1分待ってれば止まる」

ツイッターで大きな話題となったこの方法。 耳押し法というこの方法は、脳にある延髄の興奮を抑えられることでしゃっくりがおさまるんだそう。簡単なのに医学的根拠のあるこの方法は本当に止まっちゃうから驚き! ぜひ試してみてくださいね♪

▼耳押し法を実践した人の声

耳鼻科の先生に聞いた方法

これもしゃっくりがおさまったと話題になっている方法です。息を止めるとしゃっくりがおさまるというのはよくある方法だけど、これは「とにかく息を限界まで吸う」のと「ゆっくり息を吐き出す」というのがポイントのようです。

これもかなり効果的みたいでやってみたみんなもびっくり!さらに耳に指を入れるのと一緒にやれば、おさまるみたい。しゃっくりが止まらなくて困ったときはぜひ試してみてください♡

つぼを押してしゃっくりを止める方法

block_img_136227 しゃっくりを止めるにはつぼも有効的です。 これからご紹介するつぼを3〜5秒間押すのを2,3回繰り返してください。

▼しゃっくりを収めるのに有効なつぼをご紹介

①天突(てんとつ) 天突は鎖骨の中心にあるくぼみにあります。喉が苦しくない程度に押します。

②気舎(きしゃ) 気舎は鎖骨の上にあるつぼで、天突の指2本分のところにあります。 気舎は全身のリンパが集まるつぼでとても重要なつぼなんです。

③巨闕(こけつ) 巨闕は胸のすぐ下、みぞおちの指2本分下にあります。 親指以外の4本の指を使って押し込むように巨闕を刺激します。