2017年4月3日 更新

つらい花粉症「ワセリン」を鼻の下に塗るだけでラクになる!?

花粉症の症状の鼻水や鼻づまり。ひどい時は寝ても覚めても、一日中悩まされる事も…そんなつらい症状がワセリンによって緩和される?そんな噂を聞きつけ、本当にワセリンによって鼻のつらい症状が緩和されるのか、調べてみました。

97,867 views1 / 2 pages

ワセリンを鼻の下や穴に塗る!?

今SNSでひそかに話題になっている花粉症対策。 それが、鼻水、鼻づまりの花粉症の症状には、鼻の下や鼻の穴にワセリンを塗るとラクになるというものです。 「ワセリンってなに?」「どうやって使うの?」「鼻の下や穴に塗って大丈夫なの?」 そんな疑問にお答えすべく、ワセリンと花粉症についてまとめました。

スポンサードリンク

ワセリンってどんなもの?

ワセリンは石油を原料としていて、それを精製して作られたものがワセリンになります。 ワセリンにはお肌の表面を保護する保湿剤の効果があります。

ですが、石油が原料と聞くとなんだか心配になってしまいますよね。 しかし、最近のワセリンは精製技術も向上していて、基準も厳しくなっています。 病院でも治療に使われており、安心して使用する事ができます。

▽▽参考サイト▽▽ 石油が原料!?白色ワセリンに副作用はある?ない?

花粉症にはワセリンが効くと話題に!

そんなワセリンを鼻の下や鼻の穴に塗るだけで、鼻のつらい症状がラクになったと今話題になっています。

1. 鼻の下に塗る

2. 鼻の穴の中に塗る

ワセリンって実はこんなに凄かった!

1. ワセリンで花粉症の症状が改善する?

花粉症というのは、花粉が目や鼻などの粘膜に接触することで引き起こされます。 ワセリンは精製された油であり、薬のような治療効果はありませんが、皮膚を保護する効果があります。 その為、鼻の下にワセリンを塗れば絶対に花粉症がよくなる!というものではありません。 しかし鼻の下や鼻の穴など、花粉が接触しやすい場所に塗ることで、花粉から粘膜を保護する事ができます。

2. 実は市販薬も中身はワセリン

現在は花粉症用として、鼻に塗るクリームなども市販されています。 鼻の穴に薬を塗る事で、鼻の粘膜を保護します。その結果、花粉が直接粘膜に付着するのを防ぎ、花粉症の症状を抑えるというものです。