2016年12月19日 更新

抜きすぎはたるみの元!?眉毛の上手な抜き方と注意点を知っておこう

124,484 views1 / 1 pages

眉毛の抜き過ぎは良くないって、たしかに聞くけど…

block_img_34845 女性にとって眉毛のお手入れは絶対にかかせないもの。眉毛は顔の印象を決める重要なパーツです。眉毛の仕上がり次第で、その日一日のテンションが決まってしまいますよね…。

今回は、上手な眉毛の抜き方と、その注意点をご紹介します!

スポンサードリンク

眉毛の上手な抜き方

block_img_34846

1. 周りの皮膚を押さえて抜く

「眉毛を抜くとまぶたがたるむ」は都市伝説なの!? あの美人女医に聞いた正しい眉毛ケア| Life & Beauty Report(LBR) 毛を抜く時は、手で皮膚を押さえましょう。こうすることで毛穴の負担を減らすことができます。皮膚まで一緒に引っ張ってしまうと、たるみの原因になるので要注意!できるだけ毛穴に負担を掛けないようにすることが大切です。

2. 化粧を落とした状態で抜く

化粧の仕方、眉毛を抜く - おしえて!ホームズくん 毛を抜くのはすっぴんの時に行いましょう。化粧をしたまま毛を抜くと、毛穴に雑菌が入ってしまう可能性があります!同様の理由で、毛抜き後は化粧品の使用までに時間をおく様にした方が良いでしょう。

3. 毛穴が開いているときに抜く

上手に眉毛を抜く10の方法「シャワーの直後に抜く」 | 「マイナビウーマン」 毛を抜くとそれだけでお肌に負担をかけてしまいます。毛穴が開いている入浴後や洗顔後に眉毛を抜きましょう。毛穴への負担を最小限に抑えられるよう心がけましょう!

4. 抜いた後はしっかり保湿する

眉毛を抜くと老け顔になる? まぶたをたるませる意外な原因とは[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム 毛を抜いた後は、肌が乾燥しやすくなります。乾燥はたるみの原因にもなるため、充分にお手入れしましょう。蒸しタオルや目元用クリームを使うと効果的です。

抜きすぎは禁物!

block_img_34851

1. 目のたるみの原因になる可能性が

年齢を重ねると下がる目元。食い止めるためのケア法とは? | 顔のたるみ研究所 一部では都市伝説とされていますが、眉毛を抜きすぎると、まぶたなど目の周りのたるみの原因になると言われています。「都市伝説でしょ?」と思ったあなた。実はドクターシーラボの調査(出典元参照)で、眉毛を抜いている人で目のたるみを気にしている人の割合が眉毛を抜いていないひとより12%も多い、という事実が報告されているのです。

目の周りのたるみを気にしている方は、もしかすると眉毛の抜き方に問題があるのかもしれませんよ。

2. 眉毛が生えてこなくなる!?

眉毛は抜きすぎると生えない?その抜きすぎとはどのくらいのこと? −chieco(チエコ)− 「眉毛なんてまたすぐ生えてくる」なんて思っていませんか?確かに毛母細胞があるので、抜いても眉毛は生えてきます。しかしながら眉毛は髪の毛と比べ伸びるまでに時間がかかるため、眉毛がなくなってしまった!という方も多いんです。眉毛を抜くクセがついてしまっている方も要注意です

まとめ

block_img_150402 いかがでしたか? 今回は眉毛の上手な抜き方と注意点をご紹介しました。眉毛を整える際は、ムダ毛以外は毛抜きしないように心がけ、皮膚に負担の少ないはさみでカットするのが無難です。