2018年12月14日 更新

簡単セルフストレッチ「肩甲骨はがし」のやり方!肩こり改善やバストアップも!?

今話題のストレッチ「肩甲骨はがし」の簡単なやり方とその効果とは?動画や写真でわかりやすくご紹介!長時間のデスクワークによる肩こりや猫背を気持ちよく動かして改善しましょう♪バストアップにも効果があるようなので、やる価値大です!

1,978,724 views1 / 4 pages

肩こり改善の鍵「肩甲骨はがし」

block_img_113482

今回は、肩甲骨はがしというストレッチのやり方とその効果をご紹介します。

デスクワークやスマホの見すぎで、最近肩こりがつらいと感じてはいませんか? または、鏡で横からみた自分の立ち姿に、自信のない方いませんか? そんな方におすすめなのが「肩甲骨はがし」なのです。

肩甲骨はがしとは、背中にある「肩甲骨」をストレッチして動かすことを指します。 背中は自分ではなかなか気づきにくいですが、意外とコリが溜まったいたり、お肉がつきやすかったりする場所。

今回が紹介するのは、簡単にできるセルフストレッチなので、整体に通う時間のないキャリアウーマンにもオススメです! ストレッチのやり方をマスターして、肩や背中のこりを気持ちよくほぐしていきましょう。

スポンサードリンク

肩甲骨の位置

肩甲骨はがしストレッチのやり方をお伝えする前に、そもそも肩甲骨がどこにあるかを知らなければなりません。 ストレッチをする際に、肩甲骨を意識しながらやることで、効果が出やすくなります。

肩甲骨は、両手を背中に回すと触れることができる、肩の下部にある出っ張った骨のことです。 上の写真のピンク色のところですね!

左右両方にあります。手を肩の後ろに当てて、肩甲骨の位置を確かめてみてください。


「肩甲骨はがし」簡単なやり方

思い立った時に自宅で簡単にできる、「肩甲骨はがし」のストレッチのやり方をご紹介します。 ご自身に合ったストレッチ方法を見つけてみてください。


1. 背伸び

block_img_143711

【背伸びの仕方】

①両手の指を組み、腕を上に伸ばします。

②その状態で前後、左右に動かしていきます。

左右の肩甲骨の間が伸びる感覚があれば、うまく伸びている証。 仕事の合間にも簡単に取り入れられるので、同じ姿勢が続く時などこまめに取り入れてみてください!


2. 腕の上げ下ろし

【腕の上げ下ろしのやり方】

①手のひらを外側に向けて、腕を垂直に伸ばします。

block_img_143437

②左右の肩甲骨を背骨に寄せるイメージで、腕をバストの横あたりまでおろしていきます。(手の平は外側に向けたまま)