2018年12月14日 更新

簡単セルフストレッチ「肩甲骨はがし」のやり方!肩こり改善やバストアップも!?

今話題のストレッチ「肩甲骨はがし」の簡単なやり方とその効果とは?動画や写真でわかりやすくご紹介!長時間のデスクワークによる肩こりや猫背を気持ちよく動かして改善しましょう♪バストアップにも効果があるようなので、やる価値大です!

1,994,384 views2 / 4 pages

block_img_143441

③この2つの動きを、ゆっくり呼吸をしながら5回繰り返して行います。

椅子に座ったままでもできますので、デスクで座ったままでも簡単にできますね。肩甲骨が動いているのを意識して、行ってみてください。


3. タオルdeストレッチ

肩の可動域が広がるストレッチです。 お手持ちのタオル使って、簡単に行う事ができます。

【タオルdeストレッチのやり方】

①胸の位置でタオルを握り、両腕を肩幅に広げます。

②息を吸って、真上にあげます。

③真上に上げ、10秒間Keep

④1〜3を繰り返して行います。

続けて行っていく事で、真上にあげたときの肩の可動域が広がっていくことを実感できる事もあります♪


4. ヨガのポーズ

朝起きた時や寝る前に、ベットの上でも簡単にできるポーズです。 ヨガのポーズをとる時は、無理をしない事が大切です。 呼吸をしながら、ご自身が心地良いと感じるように行ってください。

【1】チャイルドポーズ

block_img_143518

【チャイルドポーズのやり方】

①正座をした状態でうつ伏せになります。

②両腕を遠くに歩かせるイメージで伸ばします。

肩周りがしっかりと伸びている事を意識しながら行いましょう。 呼吸は止めず、ゆったりと深呼吸をしながらポーズをとっていきます。 リラックス効果もある、とても気持ちの良いポーズです。

▼動画で詳しくストレッチ法をみる


【2】鷲のポーズ block_img_143612

肩甲骨を広げてくれるポーズです。 本来は立った状態で行うポーズですが、座った状態でも行う事が可能です。

【鷹のポーズのやり方】

①両手を体の前に伸ばし、二の腕付近で腕を交差させます。

②交差したら肘を曲げ、親指が自分の方に向いたまま、手のひらを合わせます。

③肘は胸の高さにし、腕を組んだまま、上体を反らします。