2017年1月4日 更新

魔法の調理法♡“50度洗い”でおいしいごはんをget◎

195,769 views1 / 2 pages

“50度洗い”って知ってる?

block_img_156939 みなさん“50度洗い”という調理法、ご存知ですか?

食材を調理する前に50度のお湯で洗うだけで、びっくりするくらい美味しく変身する魔法の調理法なのです♡

今回はそんな“50度洗いの効果や手順などをまとめてご紹介いたします♩

せっかくの素材、生き生きした状態で調理しちゃいましょう◎

ところで“50度洗い”ってどういうもの?

block_img_156995 “50度洗いとはその名の通り、調理前の食材を50度のお湯に浸けること♩

50度のお湯に浸けるとヒートショックという現象によって食材の表面の気孔が開き、細胞に水分を取り込むことができるため、みずみずしい状態になるという現象です!

いきなりそんなに熱いお湯に入れて平気なの?思った方も多いと思うので、50度洗いによるメリットをいくつかご紹介いたします♡

スポンサードリンク

“50度洗い”によるうれしい効果♡

◎ 雑菌を退治し鮮度が長持ち!保存性もアップ

block_img_157017 熱いお湯には殺菌作用があるため、50度のお湯に浸すことによって雑菌が減少し、保存性が高まります♩

50度洗いをすることによって、水で洗っただけの食材に比べ、細菌の量を10分の1程度にまで大幅にカットすることができます♡

◎ 細かい汚れを落とすことができる

block_img_157056 水洗いをしっかりしているのにも関わらず気がつくことのできない、細かい汚れを落とすことができます♩

念入りにチェックすることで安心して食べることができますね◎

◎ 渋みや臭みが消え、旨味や甘味が増す

block_img_157071 50度のお湯によって酵素が働き、熟成が促されるため食材そのものの旨味が増します♩

果物にも同じ効果が働き甘みが増し、さらに肉や魚も酸化した油が取り除かれ、赤みが鮮やかになり旨味がギュッと閉じ込められるため、美味しく食べることができます♡

 “50度洗い”の正しい手順

block_img_157105

1. 50度のお湯を準備する

50度のお湯は、沸騰したお湯と水を半分ずつ混ぜると簡単に作ることができます。これをすると約50度になるので、温度計を見ながら調節して48から52度のお湯を作りましょう。ここで注意が必要なのは、43度以下にしないことです。43度以下にすると、雑菌が繁殖する可能性があるので注意しましょう。

2. 野菜や果物の洗い方

優しく軽めに洗ってあげましょう。ホウレンソウなどの葉野菜はさらっとお湯を通す感じで洗ってあげます。洗い終わったら、しっかり水気を取るのがポイント♪よく乾かしたら、冷蔵庫で保存しちゃいましょう。

3. お肉や魚の洗い方

肉は表面を洗った後に4分ほどお湯につけ、次に冷水つけます。その後は水気を取って完成♪ 魚は洗わずに3分お湯につけましょう。刺身の場合お湯に入れた後、洗って氷水に移して熱を取れば完成!肉や魚、貝類は50度洗いしたらすぐ調理するようにしてください。

4. 解凍する場合も50度洗いすると良い

冷凍したものは、解凍する場合も50度洗いするのがオススメ♪お肉や魚は冷凍庫から取り出してそのまま50度洗いしましょう。肉や魚は、50度洗いをすると肉汁を逃がさずに解凍できるので、美味しく仕上がるんです。