2017年4月18日 更新

女性の魅力は目でアピールしよう♡「アイライン」の色んな引き方

失敗ゼロのアイラインの引き方や、一重や二重の人などまぶた別のアイラインの引き方をご紹介♡アイラインは太さや形で顔の印象がぐっと変わるから、正しいアイラインのメイクを知っておきましょう!

1,613,146 views2 / 3 pages

ぱっちり二重の人にオススメなのは、やや太めのアイラインです。 ラインの太さがあっても、二重幅を潰さず、目を大きく見せることができますよ♪

1. ペンシルをまつ毛の下から入れる

まつ毛の間をペンシルで埋めていきます。まつ毛の生え際が見える角度に鏡を持ち、ラインを引くのではなく、ペンシルを小刻みに往復させて埋めることがポイント。

2. 少しずつラインを太くしていく

二重の幅の半分くらいまでラインを入れます。目を閉じた状態で、上まぶたを指で軽く引き上げながら、少しずつラインを調整していきましょう。

ポイントは…

・寄り目がちな人は、下まぶたの目尻部分にラインを引くと寄り目がカバーできる! ・目が離れている人は、下まぶた全体にラインを引いてキリッとした印象にすると離れ目解消効果が◎

▷一重まぶたの人のアイラインの引き方

一重の方のアイラインで大切なのは「目を開いたときに見えるかどうか」です。メイク中は逐一目を開いて、アイラインの見え方を自分で確認しながら進めていきしょう。

1. リキッドでまつ毛の生え際にラインを引く

まつげの際にリキッドでラインを引いたら、少しずつ描き足してラインを太くしていきましょう。太めにすると目を開いたときに目がはっきりとした印象を与えられます。

2. ペンシルでまつ毛の間を埋める

まつ毛の生え際が見える角度に鏡を持ちましょう。ラインを引くのではなく、ペンシルを小刻みに往復させて埋めていきます。

3. 下まぶたにラインを引く

くりくりな目にするために、下まぶたを軽く下に引っ張りながら、ペンシルで目尻から黒目の中央までラインを入れます。目尻のラインが少し太くなるように入れると◎

ポイントは…

・リキッドだと埋もれる人は柔らかいペンシルを使ってぼかす ・黒目の下にブラウンパールをちょんちょん乗せると目が大きく見える ・マスカラは上下まつ毛の目尻側を重ねづけすると目の横幅が広く見える

▷奥二重まぶたの人のアイラインの引き方

奥二重の方は、アイラインを見せずに目のフレームをはっきりさせるメイクが似合いますよ♪

また黒目の上あたりにアイラインを引いて、黒目を大きく見せるメイクもオススメです!

1. ジェルペンシルでまつ毛の間を埋める

二重まぶたの方同様、アイラインを引く時はまつ毛の生え際が見える角度に鏡を持ちましょう。ラインを引くのではなく、ジェルライナーを小刻みに往復させて埋めていきます。

2. インサイドにもラインを引く

まつ毛の生え際より内側に位置する粘膜部分にもラインを入れます。やわらかいジェルペンシルを使い、力を込めすぎないように注意が必要です。

3. 目尻のラインを伸ばす

まつ毛の間を埋めたラインを、目尻の長さより3mmくらい長めにスッと水平に伸ばしましょう。このひと手間がデカ目効果を持ちます。

ポイントは…

・ジェルのインパクトが強いので、アイシャドウは明るめの色を使う ・上のマスカラは黒、下マスカラは茶色を使用する