2020年1月18日 更新

【完全版】柔軟剤のいい匂いを残す・長持ちさせるテクニックまとめ◎

匂いはどんな場面でも大事。友だちと遊ぶ時、デートの時は特に「いい匂いを残す・残したい」って思いますよね!今回はオススメの香りつき柔軟剤をご紹介しつつ、いい匂いを残すための方法を教えちゃいます♪

1,415,723 views2 / 4 pages


③浸け置きすると匂いが続く

洗い終わった後や脱水の時に、柔軟剤で浸け置きするとかなりいい匂いを残すようです。

洗濯機のコースで“洗い”から“すすぎ”までに設定すると、洗濯機に水と洗濯物が入っている状態になるので、そこに柔軟剤を少し足して、時間を置いてみるというアラ技もありかもしれません。

ちょっと手間はかかりますが、試してみる価値はありそうです。


④柔軟剤スプレーでバッチリいい匂いをプラス

柔軟剤を水で薄めてスプレーにする技もあります!
洋服にシュシュっとかけると、柔軟剤の優しいにおいがほんのり香ります。

割合は、柔軟剤が5%以下になるくらいが、調度良いようです。

注意としては、水によって雑菌が繁殖しやすくなることです。
1週間分ずつ作ることをオススメします。


スポンサードリンク

いい匂いを残すために注意しておきたいポイント☆

実は、柔軟剤の匂いをとってしまうNGな行為があるんです。
今日から変えられる習慣も多いので、ぜひチャレンジしてみてください!


①柔軟剤の大量投入はNG!

「いい匂いを残す!残したい!」だからといって、
柔軟剤をたっぷり入れるのは大間違い!!

指定の分量よりも入れすぎてしまうと、香りが強すぎたり、ふわふわ感が薄まってしまったり…
せっかくの柔軟剤の効果がうまく発揮されないことがあります。


②洗濯物を詰め込みすぎない

洗濯槽にあまりにたくさんの洗濯物を詰め込むと、柔軟剤が十分に行き渡りません。
汚れも十分に落ちないので、いい匂いを残すことが難しくなります。

ですので、洗濯物は多くても洗濯槽の八分目まで
これをしっかり守りましょう!