2016年12月8日 更新

こんなにスッキリできるなんて…目からウロコの「押入れ収納」テクニック

1,266,290 views

押入れやクローゼットって「扉さえ閉めてしまえば見えないし…」と、物をギューギューに詰めちゃってる人も多いですよね。もう何をどこに入れたのかわからない!なんてこともよくあるんじゃないでしょうか。

でもやっぱりそうなると、目当てのものが全然見つからなかったり、ほしい物も取り出しにくかったりと不便なことが多いもの。そんなわけで、みんなのアイデア収納術を参考に、押入れ収納を見直してみませんか?

-

まず知っておきたい基本テクニック

-

みんなどんな収納を作っているのかチェックしながら、知りたい基本的な収納テクニックをチェックしてみましょう♡

-

デッドスペースを活用しよう!

-

収納スペースを増やすには、ラックの使用が一番オススメ♡隙間によって、カビや湿気を気にする必要もありません!突っ張り棒や網なんかを使って棚を作るのもアリです。

-

衣類などは立てて収納しよう!

-

特に柔らかい衣類やタオルなどは立てて収納するのをオススメします◎平置きよりも出し入れがしやすく、収納スペースが増えると好評なんです!

-

布団は布団袋に入れてコンパクトに

-

一番かさばる布団も、布団袋に入れて収納すればかなりコンパクトに収納できます。こんな感じでほとんどはみ出てる羽毛布団だってムギューっと押さえると入っちゃいますよ。

-

ラベルを貼っておく!

-

何が入ってるかを示すラベルはあった方が便利だけど、あんまり見えると生活感が出ちゃうのも難点。そんな時は正面から見えない位置や小さく貼りましょう!こうやって上から見える位置に貼るのも良さそうです。

-

こんな感じにオシャレにラベリングするのもアリですね!

-

実践!みんなの押入れ収納実例集

みんなはどんな感じで押入れ収納してるのか、その実例集を集めてみました。ふすまを取っ払ったり、ふすまの代わりにカーテンを使ってる方が多いんですが、そうすれば通気性が良くなるのでカビ対策にも効果的ですよ。

-

こんなスッキリした押入れにしてみたいものですね~。やっぱりすき間があるからと詰め込みすぎない方が良さそうです。

-

突っ張り棒に服を吊るしたり、収納ボックスやラックを活用すればここまでスッキリさせることができます。

-

無印ケースを使ってスッキリと。洋服などは無印ケースに入れて、その上のカゴなどに小物類を収納しています。

-

上部分には布団やタオルなど使用頻度が高いものを、下部分には色々なストックなど使用頻度が低かったり重いものを収納しています。

-

このスッキリ感は尋常じゃないですね。もう生活感すら感じないレベルで綺麗に収納されています。

-

ふすまの代わりにカーテンで。カーテンレールを付けなくても突っ張り棒みたいなのでつけることができるみたいで、ふすまを取っ払っちゃってカーテンを付けるのもなかなか良さそう。通気性がアップして使い勝手も良くなるみたいです。

-

ちょっと面白い押入れ活用テクニック

-

画像からはデスクのように見えますが、これは押入れ!!押入れの形や配線の仕方で完全にこの画像のように再現は難しいかもしれませんが、押入れのスペースを有効活用できるのは確実ですね♡

-

一番下の段にちびっこが遊べるスペースを確保!秘密基地みたいな感じで面白そうです。子どもはこういうの大好きですよね。

-

押入れにおすすめの収納グッズといえば・・・

特にフィッツケースは衣類を収納するならこれ以外ない!ってぐらい人気ですね。積み上げてもしっかりハマってくれて、上に重いものを乗せても真ん中が潰れないのでかなりオススメ。他の衣装ケースとは比べ物にならないぐらい使い勝手良いです。

-

透明収納ケース!

-

透明の収納ケースは絶対欲しい!!なくて困らないことはないですよね♡シンプルに収納ボックスだけで押入れをアレンジしても可愛いですよね♡

-

収納できるハンガーポール♪

-

押入れを綺麗に収納してくれる手助けになります!

-

ミニの押入れラック!

-

ズボンやネクタイ、布もかけられて便利です!

-

布団保存ケース

-

布団も収納袋に入れることでかなりコンパクトに収納できます。

-

ラベルライター

-

ラベルライターでテープも一緒に作って、棚などオシャレな名前ラベルに貼り付け変えよう◎

-