2017年4月17日 更新

目から鱗の「押入れ収納」みんなのテクニック集 子供服もスッキリ!

自分の服や子ども服、お布団、買いだめした物など、実に様々な物を収納している押入れ。あらゆる物が溢れて、上手く収納できない。どこに何があるのか分からない。なんて方の為に、すっきり押入れ収納テクニックをご紹介します。

1,327,787 views2 / 3 pages

色々なサイズの収納ボックスを使って、きれいに収納されています。
子ども服は吊るしても長さがない為、下に平たい収納ボックスを置く事が可能です。
子ども服はシワにならず、収納スペースも増え、いいことづくめですね♪

【押し入れの使い方】No.3

子ども専用の収納棚。
どこに何が収納されているのかが一目瞭然なので、子どもが自分で子ども服の出し入れをする事ができます。
自立の第一歩にもなりそうですね♪

【押し入れの使い方】No.4

一番下の段が、狭い作りの押入れ。
高さを上手に利用し、子ども服を吊り下げて収納しています。
洗濯をして干した後、畳まずそのまま収納できるので便利ですね。

【押し入れの使い方】No.5

突っ張り棒に服を吊るしたり、収納ボックスやラックを活用すれば、押入れをここまでスッキリさせることができます。
子ども服や、赤ちゃん用の歩行器もすっきり収納できますね。

【押し入れの使い方】No.6

押入れのそれぞれの段に合った高さの収納ボックスを使用。
空いたスペースを上手く活用し、子ども服を吊るして収納しています。
収納ボックスにラベリングもされていて、どこに何があるのか分かりやすいですね。

【押し入れの使い方】No.7

かさばりやすいお布団は、圧縮袋を使ってすっきり収納。
押入れのサイズが小さい場合は、圧縮袋を活用すると便利です。

【押し入れの使い方】No.8

ふすまの代わりにカーテンをつけた押入れ。
カーテンレールがなくても、突っ張り棒を使えば簡単にカーテンを取り付ける事が可能です。
ふすまよりも通気性がアップして、使い勝手も良くなりそうですね。

ちょっと面白い押入れ活用テクニック

【番外編・押し入れの使い方】No.1

画像からはデスクのように見えますが、実はこれは押入れなんです。
それぞれのお家で押入れの形が違ったり、配線の問題などもあるので、完全にこの画像のように再現は難しいかもしれませんが、押入れを棚のように活用されていて真似したいテクニックです。

【番外編・押し入れの使い方】No.2

押入れの一番下の段に、ちびっこが遊べるスペースを確保!
秘密基地みたいな感じで、子どもも喜びそうですね。
一緒に子ども服を収納して、即席子ども部屋に♪

押入れ収納に便利!おすすめの収納グッズ

◎No.1 透明収納ケース