2016年12月14日 更新

ワキも脚も腕もこれでツルスベ!「ムダ毛処理」の正しいやり方

220,997 views1 / 1 pages

block_img_40828 肌の露出が増えてくるこの季節は、すね毛やワキなどのムダ毛処理に苦労してる方も多いんじゃないでしょうか。ムダ毛って自分で処理すると、黒いブツブツが残ったり肌が荒れたりしてなかなか難しいものですよね。というわけで上手な処理方法や正しいケアのポイントを集めてみました。これで肌トラブルを回避しながら全身ツルスベになっちゃいましょう!おすすめのムダ毛処理グッズも集めてるのでそちらもどうぞ。

知っときたいムダ毛処理のポイント

block_img_40830

1. ムダ毛処理はお風呂でやらないほうが良い!?

「剃る」と体毛が濃くなるのは迷信!正しい除毛法でつるつる美脚 | 美容ブログ [女性の美学] ムダ毛処理はお風呂でするもの、と思っている方多いのではないでしょうか?実はコレはお肌にあんまりよくないそうなんです。 肌が濡れた状態でムダ毛を剃ると、肌を守る角質までどんどん剥がしてしまう可能性が高まるようです。ムダ毛処理は肌が乾いているときにすると◎

2. 一番お肌に優しいのはワセリンを塗ってやる方法

ムダ毛の処理、上手にできていますか? | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス もちろん、そのまま剃ってしまったらそれこそ肌がボロボロになっちゃいますよね。そこでオススメなのがワセリンです。これならしっとり油分がお肌を守ってムダ毛をきれいに剃ることができます!さらに処理したあともワセリンを塗ることでしっかり保湿してくれますよ。ちなみに、ボディーソープやシェービングクリームはお肌の脂分まで取ってしまうので避けたほうが良いでしょう。

3. 処理する間隔は2週間に1~2回程度に

ムダ毛の処理、上手にできていますか? | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス やはりいくらダメージを抑えても肌に負担がかかるので、処理の回数や間隔には気をつけなくてはいけません。毎日のようにやっていると肌へのダメージがひどくなり、色素沈着も起こることも。ただムダ毛が気になる夏場など2~3日に1回は処理したいような場合は、カミソリよりも電気シェーバーを使うと◎お金は少しかかってしまいますが肌への負担を考えればこちらがベターです。

4. 逆剃りは絶対にやっちゃダメ!

簡単!ビキニラインの無駄毛の処理方法 毛の流れに逆って剃るのは控えましょう!逆剃りをやってしまうと肌にかなりのダメージを与えてしまいます。毛を抜く場合も、毛が生えている向きを確かめて抜かないと、毛穴がどんどん広がってかえって目立ってしまいます!

5. ワキを処理するときは特に注意!

ムダ毛の自己処理で起こる黒いポツポツやブツブツ|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介 特にワキの毛というのは他のムダ毛に比べて太いので、処理しても毛穴が黒くボツボツして見え気になるところ。 さらに強く剃ったからと言ってて強く剃ってしまうと、色素沈着や毛穴が広がって黒ずんでしまう原因にも。 ワキを自分でキレイにしたいなら、毛が生えてくること自体を抑えたほうが良さそう。抑毛クリームがお手軽ですが、オススメは下で紹介してるパナソニックの光エステです。

スポンサードリンク

アイテム別の上手な処理方法は

block_img_40836

1. カミソリを使って処理する場合

カミソリを使った足の正しい剃り方7つのコツ【肌にやさしい】 よく切れるなるべく新しいカミソリを用意して、剃りたい部分にワセリンを塗りましょう。ベビークリームやオリーブオイルも◎ワセリンは厚く塗るとベタついて剃りにくくなるので、肌が傷つかない程度の量でOK。そしたら毛の流れに沿って優しくなるべく1回で剃ります。剃ったあとの肌は乾燥しやすいので、保湿を忘れずに。ちなみに剃ったあとにお風呂に入ると、細菌が侵入して炎症を起こす可能性があるので控えたほうが安心なようです。

2. 電気シェーバーを使って処理する場合

電気シェーバーできれいに自己処理するコツ | 脱毛エンジェル 電気シェーバーを使う場合もワセリンを塗るのがオススメ◎剃るときは肌に対してまっすぐに当てるようにします。多少は肌に押しつけても大丈夫ですが、強すぎると肌の表面まで削ってしまうこともあるようなので注意が必要です。処理後の保湿も欠かさないようにしましょう。やや剃り残すこともあるようですが電気シェーバーはカミソリよりも肌に優しいのでオススメですよ。

3. 毛抜きを使って処理する場合

【毛抜き】 - 間違った使い方は毛根にダメージ!毛抜きを使った正しい脱毛方法 - プラス脱毛 毛を抜くと埋没毛になったり毛穴が広がるのであまりオススメの方法ではありませんが、低コストにキレイに仕上がり、一度やると比較的長く保てるところはやはり魅力的ですね。毛の長さが1~2mmだとつかみやすく、毛が途中で切れにくいので◎ 抜くときには毛の生えている方向に逆らわずにまっすぐ抜きます。毛抜きのあとは毛穴にばい菌が入るのを防ぐために入浴は控えるようにしましょう。終わったら冷たいタオルなどで肌を冷やすといいですよ。

4. トリマーを使って処理する場合

トリマーで優しく剃る|ムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう トリマーというのは剃るというより刈るといったイメージで、産毛や細い毛の処理に適しています。逆に言えばカミソリほどの深剃りはできないので、太い毛はあまり良く剃れません。早く動かすと上手に剃れないので、ゆっくりと動かすのがコツです◎パナソニックの「フェリエ」が評判のようですね。

ムダ毛処理にオススメのグッズといえば

上記でも触れましたが、パナソニックの光エステがオススメ♪脱毛グッズではないんですが、使っていると毛が生えにくくなってくるのでオススメ!毛を剃ってから光を当てるという、エステに通ってやるようなことが自宅で出来ちゃう感じですね。

>>詳しくは「光エステ スペシャルサイトPanasonic」をチェック♪ http://panasonic.jp/body/hikari/