2017年5月17日 更新

ブーツに残ったイヤな臭いを消す方法&オススメの消臭グッズまとめ☆

秋冬シーズン、毎日はいているお気に入りのブーツ。臭いのケアはしっかりとしていますか?今回は、事前にイヤな臭いを防ぐ方法&嫌な臭いを消す方法をご紹介♡しっかりとチェックして、いい匂いを保ちましょう!

113,061 views1 / 3 pages

ブーツに残ったイヤな臭いをどうにかしたい!

秋冬ファッションの定番として人気のブーツですが、なんと言ってもニオイが気になる・・・。そんな方に必見、あの強烈な靴のイヤな臭いを防止する方法と臭いをしアイテムなどをまとめました!

しっかりチェックして、ブーツに残ったイヤな臭い対策をしっかりと行ないましょう♡

スポンサードリンク

ブーツのイヤな臭いを防止する方法

とにかく、ブーツから臭ういや〜なニオイが出ないように対策することが大切ですよね。

まず初めに、イヤな臭いを事前に防ぐ方法をご紹介します☆しっかり事前に防いじゃいましょう♡

①足をしっかり洗う

あのニオイは、足裏の汗と古い角質が細菌によって分解されることで発生します。 なので、指一本ずつ、指と指の間も丁寧に洗い、角質のお手入れもすることが大切!

このとき、重曹や足用シャンプーを使うとなお効果的です。ツメも短くしておいたほうが良いようです。

②同じブーツを連続で履かない

これだけで全然違ってきます。新聞紙や乾燥剤を入れて、中2日くらいあけるのが理想なようです。ちなみにブーツは風通しの良い場所で陰干ししてください。

③中敷をこまめに取り替える

いらなくなったジーパンを切って、中敷にするとかなり臭いが抑えれるそう。脱いだら取り出して、干したり、洗ったりしましょう。もちろん市販の抗菌防臭の中敷を使うのも◎

④ナイロンストッキングはNG

ナイロンとブーツのコラボだと汗を吸わないので、ニオイが大変なことに。 消臭効果の高いストッキングやタイツを選びましょう。

⑤5本指ソックスを履く

ブーツを脱がなくて良いときはソックスを履きましょう。 特に5本指ソックスを使うと蒸れが軽減され、ニオイも劇的に抑えられます。

⑥合皮のブーツは履かない

画像提供: ZOZOTOWN

合皮のブーツはよく蒸れるので臭くなってしまいます。 できれば本皮や綿布や麻など天然素材のブーツにすればニオイも気にならなくなります。