2016年12月12日 更新

冷え解消にオススメ!体を芯から温めるには「乾燥ショウガ」が一番だった!

293,942 views

ショウガは生と乾燥で全然違う!

Fc604de4 cf7a 4245 ba67 80b4ddf512e7.pixta 13758759 m

とりあえずショウガを食べておけば冷え性に効く!と思っている方、いるんじゃないでしょうか。しかし、ショウガは食べる方法によって効果が変わってくる食べ物なんです。ただすりおろしたショウガを食べるだけでは上手く冷えに効用してくれません。ショウガは漢方でも生ショウガと乾燥ショウガに使い分けられており、冷え性に効くのは乾燥ショウガなんです!

▼ 生ショウガを食べると体の中が冷めちゃう

生ショウガに含まれている〈ジンゲロール〉という成分は、手足に熱を広げて体全体を温める働きがあります。しかし、手足に熱を分け与えた体の芯の部分は熱が奪われるので、体全体としても体温は少し下がってしまいます。

▼ 乾燥ショウガなら体の芯から温めてくれる

生ショウガに含まれている〈ジンゲロール〉は、乾燥させることで〈ショウガオール〉という成分に変化するのですが、これは手足だけでなく体全体を温めてくれます。乾燥させることによって〈ジンゲロール〉から〈ショウガオール〉に変化するのは一部分なので、ショウガに含まれている〈ジンゲロール〉すべてが変わるわけではありません。つまり、両方の成分が乾燥ショウガには入っているので、体の中心も手足の先も温めることができます。冷えを改善する目的なら乾燥ショウガの方が効果があるんです!

▼ 乾燥ショウガの作り方は?

皮ごと1~2mmに薄くスライスした後、カラカラになるまで天日干しします。乾燥させた後にミキサーにかければ、乾燥生姜パウダーにすることもできます。

1. 朝一番に食べるのがオススメ

一般的な食事は熱を生み出してくれてもすぐ元に戻ってしまいますが、ショウガが生み出す熱は食後3時間ほど続きます。したがって、朝食として摂るとランチの時間までずっと効能が続き体を温めてくれます!冬場は通勤時間も寒くて冷えるので、生姜に頼ってみましょう。

2. 一日の摂取量は10gを目安にする

1日10g(スライス5、6枚ほど)食べておくと、エネルギー消費量を増やしてくれるんです。ただし、急にたくさん食べてしまうと慣れていない胃腸の粘膜が刺激されてしまい、体調を壊してしまう場合もあるので適量を食べましょう。

3. 乾燥ショウガは薬味には適さないので注意

ショウガはお豆腐の上に乗せたりと、薬味として使われることが多いですが、乾燥ショウガを薬味として使うのは良くないです。調理する際には問題ないので、しょうが焼きや生姜スープを作りたい時には乾燥生姜を使っても大丈夫です。

4. 乾燥ショウガはココアに入れても◎

料理に生姜をずっと取り入れるのは飽きる…という方は紅茶やココアなどに入れるのもオススメです。特に寝る前にココアを飲むと、ココア自体にも体を温めてくれる効果があるので、つま先の冷えなどに悩まずポカポカの体でぐっすり寝ることができますよ!

1. シワを防いでくれる

ショウガはシワができるのを防いでくれる効能もあるんです。食べて効果があるのはもちろん、パックのように生ショウガの汁を顔に薄く塗るのも効果が出るみたいです。

2. ダイエットにだってぴったり

ショウガは代謝を良くしてくれるので、ダイエットする際にも良いんです。血の巡りが良くなり、脂肪燃焼しやすい体にしてくれるので健康的な体になれます!

3. 風邪予防にだって効果的

風邪をひいたらおかゆにショウガを入れて食べるといいと、お母さんやおばあちゃんから言われたことありませんか?ショウガは風邪を予防してくれることで有名なんです。風邪のひき始めにはおろした生ショウガを食べるといいですよ♪

乾燥ショウガを食べて健康的な体に!

A photo posted by Michiko Ichikawa (@rusklove) on

乾燥ショウガにはたくさんの嬉しい効能がある上に、色々な料理に使うことが出来ます。ぜひレシピを調べて、乾燥ショウガを食べて冷え性改善&他の効果を実感してみてくださいね♪