2017年7月7日 更新

鍋やフライパンの頑固な焦げ付きをキレイに落とす!とっておきの方法

フライパンや鍋にこびりついた焦げって落とすのになかなか時間がかかりますよね。今回はそんな頑固な焦げを落とす方法を教えちゃいます☆いろんなやり方を試して調理器具をツルピカにしちゃいましょう!

151,036 views1 / 2 pages

焦げ付きの除去方法を教えます♪

うっかり!油断してたらフライパンを焦がしちゃった……。キッチンに立つ方なら誰でも一度は経験のあることですよね。

フライパンやお鍋の焦げ付きを取り除く方法は、素材別に異なります。ものにあった除去法で、きれいな状態を取り戻しましょう♡

スポンサードリンク

鍋やフライパンの焦げを落とす方法

1. 空焚き

鉄製のフライパンや鍋を約20分ほど空焚きし、貯めた水に付けておきます。

すると焦げ付きが浮き上がり、こするだけで汚れが落ちるんです♪

※フライパンの長時間空焚きは事故に繋がることもあります。フライパンの素材や使い方を十分に確認してから行ってくださいね。

2. 天日干し

日当たりの良い場所に1週間ほど干しておき、重曹を加えた水で煮ると焦げが剥がれ落ちます。

頑固な汚れは割り箸で削ると良いかも◎

3. お酢

焦げ部分を覆うように水を入れ、大さじ2杯ほどの酢を混ぜて10分煮ます。

焦げがなかなか浮いてこないようであれば、木べらなどで軽くこすってください。

4. 重曹

重曹はお掃除の最強アイテム!実は焦げ落としにも使えるって知ってましたか?

ササッと短時間で綺麗にできるので是非試してみて下さいね。

▶フライパン編

▶お鍋編