2020年7月5日 更新

鍋やフライパンの頑固な焦げ付きをキレイに落とす!とっておきの方法

フライパンや鍋にこびりついた焦げって落とすのになかなか時間がかかりますよね。 今回はそんな頑固な焦げを落とす方法を教えちゃいます☆いろんなやり方を試して調理器具をツルピカにしちゃいましょう!

154,956 views2 / 3 pages


④重曹を使って鍋をツルピカに

重曹はお掃除の最強アイテム!
とくにホーロー鍋やステンレス鍋には効果的◎

ササッと短時間で綺麗にできるので是非試してみて下さいね。

■方法
①焦げ付いた鍋に水を半分程度入れます。
②小さじ4杯分の重曹を入れて加熱をして沸騰させていきます。(混ぜなくてもOK)
③中火で5分ほど沸騰させます。
④1〜2時間放置してから鍋の中の水を流します。(長く放置するほどコゲが取れやすくなります)
⑤濡らしたスポンジに重曹をつけて残った焦げ部分をこすります。


⑤沸騰した水に浸け置きする

テフロン加工製品の場合は、金属タワシなどで擦ってしまうとテフロンが剥がれてしまい、焦げが付きやすくなってしまいます。

水を入れて沸騰させる方法を試してみてください!

■方法
①テフロン素材のフライパンに焦げが浸るまで水を入れて中火にかける。(強火はNG)
②沸騰してしばらく経ったら火を止めて一晩漬け置きする。
③次の日にスポンジの柔らかい部分でなでるように擦る。


⑥デリケートなものの焦げ付きは卵の殻で

土鍋や耐熱ガラスなどデリケートなものの焦げ付きは、卵の殻を使いましょう。

スポンジに砕いた殻を付けて、こすり付けて磨くだけでOKです。


⑥どうにもならない時はコゲとり名人に頼ろう

本当にしつこい焦げは「コゲとり名人」でキレイに落としましょう!

細かいところまでしっかりキレイにしてくれるから大人気の商品なんです。