2017年4月25日 更新

生理と勘違いしやすい「着床出血」正しい知識をつけて妊活の励みに!!

妊活中の方は、毎月生理が来るたびにがっかりすることも多いですよね。しかし、実は生理だと思って諦めていた後に、妊娠が発覚する事があるのをご存知ですか?そこで今回は、生理と勘違いされやすい「着床出血」についてまとめました。

610,917 views1 / 2 pages

その出血、生理ではなく「着床出血」かも?

block_img_43452

生理とよく勘違いされやすい妊娠過程での出血に「着床出血」があります。
妊活中の方でこの「着床出血」を知らない方は、生理が来たと勘違いし、がっかりすることが多いそうです。

妊活中の方で、生理出血があったからといって、生理が来たと思って諦めるのは早いのかもしれません。
着床出血の正しい知識を身につけて、妊活に励みましょう。

スポンサードリンク

着床出血かも?と悩む人多数

SNS上でも、生理ではなく、もしかしたら着床出血かもと悩む、妊活中の女性が多くいます。

そもそも着床出血って何?

着床出血とは、受精卵が子宮に着床した時に起こる出血を指します。
しかし、着床したからといって全員に起こるわけではなく、2割から3割の確率で起こると言われています。
受精をすると、受精卵は子宮の奥深い内部に移動していきます。
そして最終的に子宮内膜にたどり着くのですが、この時に出血を起こす事があり、それが「着床出血」と呼ばれています。

着床出血は生理と勘違いされやすい

着床出血は妊娠過程で起こる、出血という事が分かりました。
この出血の時期が、生理の時期と近い事が多い為、着床出血を生理と勘違いする妊活中の女性も多いようです。

着床出血と気付かず、妊娠に気づくのが遅れることも

着床出血は生理と近い時期に起こる事が多い為、生理と勘違いされてしまう事も。
その為、妊娠に気づくのが遅れてしまう事があります。
しかしその逆で、生理が来たと思ったら着床出血だったなんてパターンもあるので、妊娠していなかったとがっかりするのはまだ早いかもしれません。

着床出血と生理の違いについて、もっと詳しくみていきましょう。

着床出血と生理の見分け方とは

妊娠したかどうか早く知りたい!
妊活中の方は特に、着床出血と生理の見分け方を知っておきたいですよね。

着床出血の特徴や期間を知っておけば、妊娠の可能性の有無だけではなく、病気に気がつけることもあるかもしれません。
生理以外の出血は、着床出血だけでなく、子宮外妊娠や切迫流産などが原因でも起こり得るのです。

妊活中の方必見。もっと具体的に、着床出血についてお伝えします。

着床出血の期間はどのくらい?

着床出血の起こる時期というのは、生理予定日よりも少し前ぐらいから、大体生理予定日ぐらいの間と言われています。「あれ、生理が少し早く来たのかな」なんて思ったら、それが着床出血だったということもあるようです。