2020年4月22日 更新

【寝違えた首の痛みを和らげる】簡単セルフストレッチを試してみよう!

首を寝違えたときの痛みに悩まされる方は多いですよね。仕事も家事も億劫になってしまいます。そこで、自分でできちゃう首の寝違えの痛みを解消するストレッチを教えます☆わかりやすい動画付きなのでやったことない人でも大丈夫!是非試してみてください◎

373,084 views1 / 3 pages

寝違えた首の痛みの解消法が知りたい!

首や肩をマッサージしても痛みは増すばかり…。
実は、寝違えたときの対処法として、患部を直接マッサージするのはNGなんです。

痛みを緩和するには、その原因と正しい対処法を知っておくことが何よりも大切です。

今回は、首を寝違えてつらい痛みに悩まされている方のために、首の寝違えの痛みを和らげる方法をご紹介します。



スポンサードリンク

冷やす温めるどっちが正しい対処法?

寝違えた時に迷うのが、冷やすか温めるか。

ひどい痛みがあり、痛い部分が腫れている、または熱感がある場合などであれば、まず冷やすのが正解なようです。

冷やすことで炎症が和らぎますので、氷水を入れたビニールや保冷剤をタオルで巻いて痛みのある部分に当てて冷やすようにしましょう!

腫れや痛みがひいたら、今度は首周りの筋肉をあたためると良いです◎

血行をよくすることは、肩凝りや寝違えの予防になります。


寝違えた首の痛みの原因

脇の下の神経の圧迫が原因であることも

首や肩のコリが痛みの原因と思われる方も多いですが、必ずしもそうではなく原因は様々です。

首の寝違いとは、厳密に言うと頚椎(けいつい)から肩甲骨に橋渡ししている筋肉組織に炎症が起きた状態になっているのです。

また、脇の下の神経(腋窩(えきか)神経といいます)が長時間圧迫されることによって痛みの原因となっていることも多いそうです。

脇の下のあたりの神経は、首を支える筋肉に繋がっているため、血行不良でしびれると首に痛みが出ます。

原因が首ではないって意外ですよね!
調べずに治そうとすれば患部を直接マッサージしがち。

直接のマッサージはNGなのでしっかり覚えておきましょう。


やり方次第で症状を悪化させる原因に