2016年12月21日 更新

ハッカ油を超えた!使うとゴキブリがいなくなるという「ヒバ油」って何!?

300,131 views1 / 2 pages

部屋に撒いておけばゴキブリがいなくなるということで話題になったハッカ油。使ってる人も多いとは思うけど、実はそれより効果絶大なものがあったんですね。この「ヒバ油」というのは虫よけ効果が本当にスゴくて、シロアリも殺せるから神社仏閣の建築材としても重宝されてるレベルなんだとか。さらに美容にも良かったりするので、色々な効果や使い方を集めてみました。これを見たら使わずにはいられないかも!

まず知っておきたいヒバ油について

1. まずヒバ油ってどんなもの?

ヒバ油というのは、青森ヒバという木材から採れる天然の精油のこと。青森ヒバには、「抗菌効果」「精神安定効果」「防虫効果」「消臭、脱臭効果」と4つの効果があり、シックハウスの方が使える唯一の建材以外にも、その効果を活かした様々な商品が開発されています。安全性も非常に高く、赤ちゃんやペットにも安心して使うことができるというのが魅力ですね。

2. ヒバ油のなにがそんなに良いの?

ヒバ油の主成分である天然ヒノキチオール。マルチな効果でアロマオイル、スキンケア製品、防臭・防虫剤から抗菌剤として使われています。ちなみにこのヒノキチオールという成分は、ヒノキという名前がついていますが、実際のヒノキにはほとんど含まれおらず、青森ヒバからしか採れないようです。

3. ヒバ油の使い方はどういう感じ?

スプレーにしたいときは、精製水と無水エタノールを1:1の割合にし、ビバ油をお好みで数滴入れて作ると良いそうです。これを部屋中に撒いておけばゴキブリやダニなんかもいなくなりますし、お風呂や洗濯のときに使えばカビを防ぐことも。さらに敏感肌の方や髪にも良いので美容にも使えるなど、幅広く使えます。

手作りの虫除けスプレーも作れちゃう♡

お肌にも安心して使えるので、市販の虫除けスプレーはちょっと・・・と気になる方にも、使っていただけそうです。お肌に合わせて調節してくださいね。

とにかく虫よけ効果がスゴいことになってる!

block_img_44825

ゴキブリ忌避率が高いと言われてますが、この虫よけ効果は本当に凄いみたいですね。ヒバ材で建てられた家には、青森ヒバに含まれる「ヒノキチオール」による抗菌・防虫効果により、カビなどの菌はもちろん、蚊やシロアリ、ダニなんかも寄せ付けません。お肌につけても安心なので、お子様や犬の虫よけにもオススメです。

スポンサードリンク

他にもたくさん♡色々な使い方

block_img_44833

1. お風呂に垂らせば肌トラブルがみるみる改善

お風呂にお好みで1~3滴垂らしてゆっくり浸かりましょう。乾燥肌を防いでくれたり、体臭を消すといった効果もあるようですね。浴槽のお湯は、洗顔や洗髪に使っても問題がないので、すすぐ時もリンス効果として利用できるのが嬉しいですね♡浴室には、木片などにビバ油を染み込ませておけば、抗菌効果も期待できそう!

2. 洗濯のときに入れたら部屋干しの臭いもなくなる

洗濯のときに、洗剤と一緒にヒバ油を1~5滴を垂らすと、独特の嫌な臭いを防いでくれます。ただし、ヒノキチオールの特性により、白い布に使うと黄色く変色することがあるので注意が必要です。

3. 殺菌消臭できるからキッチンにもオススメ

排水口や三角コーナー、ゴミ箱なんかにシュシュっと吹きかけておくと効果的。生ゴミに寄ってくる小バエにも忌避効果があるので、もうそこらじゅうに吹きかけておくと良さそうですね。まな板や布巾の除菌などにも使えるみたいです。

4. 化粧水としても使える

青森ヒバの抗菌効果を活かし、お肌トラブルにお悩みの方に向けた化粧水も開発されています。「ひばの森化粧水」は、さっぱりとしたつけ心地で、敏感肌の方にも安心して使えるそうです。