2016年12月14日 更新

お部屋の雰囲気がガラリと変わる!リビング・ダイニング・寝室の「照明」選びの実例集

146,148 views1 / 2 pages

照明は部屋の雰囲気をガラリと変えるインテリアの要♡ 「部屋の雰囲気を思い切って変えてみたい!」「引越しをするので、新しい照明に取り替えたい!」そんな悩みを抱えている方にオススメ! 今回は照明プランが特に難しいとされる「リビング・ダイニング・寝室」の照明選びのポイントを実例と共にご紹介していきます!

リビング

リビングは、一家団欒するための空間。テレビを見たり、読書をしたり、趣味の作業をしたりなど、幅広い用途に使用する場所です。そのため、必要に応じて調光が可能な照明があるととっても便利です♪

▼リビングのライティング実例

4つに分かれた個性的な照明は、部屋の隅々まで照らしてくれそうです!

天井のあらゆるところに取り付けられた小さな照明は、部屋全体をまんべんなく明るく照らしていますね◎

リビングに置かれたテーブルの上につけられた照明は、一家団欒のスペースにピッタリですね!

ダイニングテーブルの上に吊るされた照明と天井に取り付けられた向きが変えられる照明で部屋がとても明るくなっていますね!

個性的な枠の照明は、部屋の雰囲気にぴったりですね!

天井から吊るされている2つの照明は、雰囲気が出るのでお洒落です♡

スポンサードリンク

ダイニング

家族が集まって食事をするダイニングでは、家の中で1番明るい場所にしたいものです。料理を引き立たせることができるような演色性のある照明を選ぶのがオススメです♡また、ダイニングテーブルでお子さんが勉強や作業をすることもあるので、勉強に適した明るさが欲しいですね。

▼ダイニングのライティング実例

くねっと曲がってダイニングテーブルを照らす照明はとても珍しくてお洒落です。

部屋中に吊るした照明が、まんべんなく部屋を照らすので作業もしやすそうなお部屋ですね!

バーカウンター式で雰囲気のあるダイニングには、間接照明のような素敵な照明が似合いますね♡

キッチンとダイニングで形の違うペンダントライトを採用。木材を使用した家に黒の照明は映えるのでとてもオススメです!

アンティーク調のペンダントライトにオレンジの照明は、ダイニングを落ち着いた雰囲気にしてくれますね◎