2018年12月4日 更新

みんなスゴイ…100均「壁フック」の活用アイデア7選

アイデア一つで生活のストレスを改善してくれる壁フック活用術をご紹介!賃貸でもできるデッドスペースを生かす方法伝授します♡

362,448 views1 / 2 pages

100均の壁フック活用術

ここ最近、人々の注目を集めるダイソーやキャンドゥ、セリアなどの100均グッズ。アイデア一つで、収納にもおしゃれなインテリアにも変身!

その中でも壁フックは種類も活用法も無限大。吸盤や粘着タイプなどは壁に穴を開けたくないときに重宝しますし、賃貸にお住まいの方にとって必須アイテムですよね?

今回は、そんな壁フックの活用アイデアを紹介します。使い方によって、ものすごい収納力を発揮してくれます!

スポンサードリンク

1. かけにくいものはクリップ収納

かけることが難しいヘアバンドや布巾、ゴム手袋でも、クリップに挟んで壁フックにかければ、無駄なスペースなく収納できます。

おすすめは、洗面台などの扉の裏のデッドスペースです!


歯磨き粉やハンドクリームなどのチューブ類もこの方法で楽々収納できます。しかも、中身が下に落ちやすいので、出すのも楽チン。

クリップ×壁フックの使い方はこちらも参考に。


2. ドライヤーは見せる収納

壁や家具に壁フックを貼れば、置き場所に困るドライヤーも簡単に収納できます。ドライヤーは重さがあるので、粘着タイプがおすすめです。

壁フックのドライヤー収納はこちらも参考に。


3. コップは逆さま壁フックで収納

吸盤タイプの壁フックを逆さまに貼り付け、そのうえにコップを被せれば、水はけが良くなって衛生的♡水周りなので、吸盤タイプがおすすめです。

壁フックのコップ収納はこちらも参考に。



4. 歯ブラシはリングで吊るし収納