2016年12月14日 更新

辛すぎて食べられない「大根おろしの辛味」を魔法のように消す方法

582,128 views1 / 2 pages

皆さんが大好きな大根おろし♡さんまの横にちょこんと添えたり、鍋にドカッと入れたり、これからの季節に大活躍しますよね。とっても美味しいけれど、たまに「辛すぎて食べられないよ!」という大根おろしがあって困ってしまいます…。そんな大根おろしの辛味って実は簡単に和らげることができるんですよ◎

まずは大根おろしの辛味について知っときたいコト

block_img_48484 実は大根おろしのあの辛味って美容と健康にとても良いんですよね。辛すぎる大根おろしはアレだけど、ちょっと辛いぐらいの方が良いんです♡

1. 大根おろしが辛くなる理由とは

大根ってそのままだと辛くないのに、大根おろしにすると辛くなる! これは「イソチオシアネート」と呼ばれる成分によって感じるもので、すりおろす時に細胞が壊れることにより生まれる成分なんです◎この成分が含まれているのは大根おろしだけということですね!

2. 大根おろしの辛味成分が健康に良いんです♡

block_img_48487 大根おろしに含まれているこの『イソチオシアネート』はものすごく健康に良いんです! 「大根おろしに医者いらず」なんて言葉もあるほど◎もしかして大根おろしって最強かも!!

この写真のように大根おろしの汁でうがいをすると喉の炎症を防いでくれたり、二日酔いにも効果があると言われていますよ!さらに発がん抑制、消化促進という効果もある万能な成分がある大根おろし!!大根おろしの汁も捨ててはもったいないんです。

3.大根おろしには美容効果も♡

block_img_48488 大根おろしには血液サラサラ効果や抗酸化作用があるので、美肌やアンチエイジングの効果が期待出来るんです♡さらに大根おろしにはカリウムも豊富でむくみ解消にも役立つし、代謝をUPさせてくれるので痩せやすい体づくりにも効果アリ!!これは大根おろしを辛いまま食べる価値もあるかも…♡

block_img_48491 というように、辛い大根おろしというのはすごく良い効能がありますが、だからと言って辛すぎる大根おろしは食べられませんよね。そんな効能は無視しちゃってとにかく美味しい大根おろしを食べるために、辛さを抑える方法をチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

大根おろしの辛さを魔法のように消す方法

block_img_48489 とりあえず「大根おろしは短気がすると辛くなる」という言葉もあるほどなので、ゆっくりすりおろすことが大切。前後にゴシゴシやるよりも、円を描くようにゆっくりおろすことで大根おろしの辛さも和らぎます。

1. 大根おろしに味の素を振りかける

味の素で大丈夫なの?!と思う方もいるはず!辛い大根おろしも、味の素をちょっと振りかけるだけで本当に辛味がなくなっちゃうんです◎ただ、あまりにもかけすぎると大根おろしの味がだいぶ変わっちゃうので気をつけましょう。

2. 大根おろしをレンジで温める

大根おろしが辛いなと思ったら、レンジで一度温めてから冷ましてみると辛さが軽減されるんです!目安として、200gの大根おろしなら500Wで2分ぐらいなんだそう!しかし大根おろしの辛味に含まれる健康に良い成分は熱に弱いので効能は半減してしまいます。

3. 大根おろしが出来たらちょっと時間を置く

大根おろしの辛味は、すりおろして5~8分の間に辛くなってからだんだん減ってくるんです。なので辛い大根おろしが好きな人はその間に食べるのが一番良いんですよ!大根おろしの辛みを抑えたい方は30分程時間を置くと辛味成分も半分になりますよ♡

4. 大根おろしをフードプロセッサーかミキサーでおろす

普通のおろし金よりきめ細かい大根おろしができるので辛さが抑えられる◎少量の水も一緒に入れて混ぜることで辛味がかなり抑えられて、ふわふわ食感に仕上がります!この際に水切りや高速で大根おろしの健康に良い成分も消えてしまうので、風邪対策などであれば手で擦った大根おろしをオススメします♡

5. 大根の内側だけを使って大根おろし◎