2019年1月30日 更新

インフル対策をおさらい!インフルエンザ予防に効果的な生活習慣5つ

今流行りのインフルエンザ。今年もしっかりとした予防が必要です。インフルエンザ予防に効果が期待できる生活習慣を見直しましょう!

7,562 views1 / 2 pages

今年流行りのインフルエンザに要注意!

block_img_54938

毎年猛威をふるうインフルエンザ。

小さいお子さんや高齢者は重症化しやすく、脳症や肺炎などで命に係る危険もあります。
そのため、インフルエンザにかかる前の予防が何よりも大切です。

そこで今回は、インフルエンザ予防に効果のある生活習慣を5つご紹介します。



スポンサードリンク

インフルエンザ予防に効果のある5つの生活習慣

①歯磨きを徹底する

奈良県歯科医師会高齢者歯科保健委員会の調査によると、歯磨きを徹底することでインフルエンザ発症率が10分の1に激減したという報告があります。

また、杉並区の小学校では、歯磨き促進運動によってインフルエンザによる学級閉鎖が半分近くまで減少したといった報告もあります。

予防に効果的な歯を磨くタイミングは、口内の細菌が最も多い「朝起きてすぐ」か「朝食前」の時間。
繁殖した細菌を放っておくと、粘膜を覆っているたんぱく質が破壊されるため、インフルエンザウイルスが侵入するのを手助けすることになります。

細菌は舌の上にも多く存在するため、舌磨きも忘れずに一緒に行いましょう。


②緑茶でうがいをする

緑茶はインフルエンザウイルスが鼻や喉の粘膜細胞に感染するのを防ぎます。

お茶に含まれているカテキンには殺菌作用があるので、インフルエンザなどのウイルス性感染症を防ぐ抗ウイルス性効果があるんだとか!

外出から帰ってきたらすぐにお茶でうがいをするように習慣づけましょう!


③ヨーグルトを食べる

乳酸菌をとることによって腸内細菌のバランスが良くなり、「NK(ナチュラルキラー)細胞」の働きが活性化して、感染後の重症化が抑えられたり、インフルエンザの抑制効果の可能性があることがわかっています。

ヨーグルトが苦手な方は、ぬか漬けやキムチでも代用できるみたいですよ◎