2018年10月20日 更新

ロキソニンだけじゃない!薬局で買える「生理痛を和らげる」市販薬◎

多くの女子がお悩みの生理痛。中には、生理痛がひどくて動けない、毎月が薬が手放せないなんて方も。毎月やってくるものだから、少しでも生理痛が軽くなって、ラクに過ごしたいですよね。そこで今回は、生理痛を緩和するといわれている市販薬をご紹介します。

713,218 views1 / 3 pages

毎月やってくるつら〜い生理痛…

毎月毎月やってきて、多くの女子を苦しめる「生理痛」。

生理痛がひどい方だと動けなくなってしまったり、日常生活に支障をきたしてしまう事も…

そこまでひどくはなくても、生理痛をおさえる薬が手放せないという方も多いはず。

そんな生理痛がひどい女子たちのお悩みを少しでも軽くすべく、生理痛を緩和するといわれている市販薬を大特集します。



生理痛に悩む女子多数!


生理痛が起こる原因とは?

毎月生理時につらい生理痛が伴う人、伴わない人の違いは、何があるのでしょうか?

生理痛の原因は主に

①生理時に発生する物質の分泌量が多い
②子宮の出口がせまい 
③冷え 
④ストレス

があります。

《①生理時に発生する物質の分泌量が多い》
経血を身体の外に出す働きをする「プロスタグランジン」という物質の分泌量が多くなると、子宮が過剰に収縮して生理痛となります。

《②子宮の出口がせまい》
子宮の出口が狭いと、経血が体外に流れづらくなります。その為、下腹部に痛みを引き起こします。

《③冷え》
身体が冷える事によって、血のめぐりが悪くなります。痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうので、痛みが強くなります。

《④ストレス》
ストレスによって自律神経などのバランスが崩れ、血行不良を引き起こしその結果痛みが強くなってしまいます。

生活習慣や体質などは個人差があります。その為、生理痛の強さや有無には、個人差があるんですね。