2017年9月29日 更新

寝起きを良くしたい!だる~い朝でもスッキリ起きれちゃう4つの方法♡

朝が苦手!早起きが苦手!そんなあなたにすっきり起きれる方法を教えちゃいます。よく寝坊してしまう…なんて方は必見ですよ。是非、今夜から参考にしてみて下さい♪

46,844 views1 / 3 pages

どうにかして寝起きを良くしたい・・・!

学校や仕事に行くため、気合いを入れて起きよう!と思っても、やっぱり朝はだる~くて憂鬱なもの。寝起きが悪いなんていわれたことありませんか?

これがすっきり気持ちよく起きれたらどんなに良いものか…。

今回はそんなあなたのお悩みを解決しちゃいます♡

スポンサードリンク

さっそく4つの方法をCHECK!

① カーテンを全部開けて寝る

カーテンって普通は全部閉めて寝るもんだと思うけど、実は寝起きを良くするためには全部開けておくのが良いらしい!

朝だんだんと明るくなってきて、横になった状態で太陽の光を浴びると目覚めが良くなるんだとか。目覚ましでびっくりするように起きるより、自然に起きれるほうが絶対良いですよね♪

ただカーテンを開けて寝るのって防犯上どうなのって感じもするから、起きる前にライトで顔を照らすのが良いみたい!

こうしたプログラムタイマーを使えば、コンセントに差して設定するだけで、タイマーがついてないライトも自動でオンオフできますよ。

▶プログラムタイマー 簡単デジタルタイマー PT70DW | Amazon


② 寝る前にスマホやテレビは見ない

これはよく聞きますよね。なるべく早く寝るためにも目が疲れることは避けたほうが◎!

寝る前はスマホやテレビを見るのはやめて、リラックスした状態になっておくと、寝つきも寝起きもよくなります。

音楽も流しながらじゃないと寝つきが悪いという人は、ハードな音楽を避けて脳を刺激しないように心がけるといいみたいですよ。