2019年5月30日 更新

『妊娠のサイン』7つの"妊娠超初期症状"をセルフチェックしよう!

妊娠してすぐ見られる「妊娠超初期症状」。吐き気や熱っぽさなどが有名ですが、その他にも妊娠超初期症状はあるんです。今回は妊娠超初期症状についてまとめました。7つの症状をチェックしましょう。もしかしたらその体調の変化は、可愛い赤ちゃんがやってきたサインかも!

9,835,640 views3 / 5 pages


◎先輩ママ達の体験談◎

生理予定日前におりものに少量の血が混じっていた、薄いピンク色のおりものが出たなど、着床出血を確認した方が多いようです。

⑤胸やお腹が張る

ホルモンの影響によって乳房が張ったり、お腹が張る事があります。

中には生理予定日を過ぎてから、乳房やお腹の張りを感じる方も。


◎先輩ママ達の体験談◎

他の妊娠超初期症状のサインと合わせて、お腹や胸の張りを感じる方がいるようです。

⑥頭痛

ホルモンバランスの変化により、頭痛を引き起こす事があります。

症状の重さは人それぞれですが、ズキンズキンと鈍い痛みによって吐き気を催したり、日常生活に影響を与えることもあるそうです。

頭痛やめまいを感じたら無理をせず、体を休めてあげるようにしましょう。

妊娠初期は赤ちゃんが発達していく大切な時期なので、自己判断で薬を飲むことは避けましょう。早めに産婦人科を受診することをおすすめします。


◎先輩ママ達の体験談◎

いつもはめまいや立ちくらみなどの症状を感じる事はないのに、妊娠超初期にひどいめまいの症状を感じる方もいるようです。

⑦トイレの回数が増える

妊娠によって子宮が少しずつ大きくなっていきます。
それによって膀胱を圧迫することが原因といわれています。

妊娠中は膀胱炎などになりやすい為、トイレに行きたくなったら我慢しない事が大切です。

妊娠中期に入ると治る場合が多いそうなので、しばらくの辛抱と思って頑張りましょう。