2017年4月25日 更新

ムダ毛とサヨナラしたいなら一度は試したい!豆乳ローションの作り方

豆乳ローションってご存知ですか?豆乳を使ったもので一般に市販されているものもあります。今回は豆乳ローションを自分で作る場合のやり方や、口コミを紹介します。

392,447 views2 / 2 pages

1. お風呂上りにすぐ塗る

風呂上りは毛穴が開いた状態なのでそこにローションを塗ると浸透がいいのでオススメだそう。ムダ毛が気になるところに塗りましょう。朝晩の2回塗るのが基本です。

2. 毛を剃ったり抜いたあとに塗る

ムダ毛処理をした直後に塗ることでより効果が期待できます。

3. 塗った後には保湿ケアを

豆乳ローションはアルコールが入るために肌が乾燥しやすい状態になります。乾燥が気になる方はオイルやグリセリンを数滴入れると、多少保湿効果があるようです。

4. 尿素入り製品と併用しない

豆乳にはウレアーゼという尿素を分解してアンモニアにする酵素が含まれています。 と豆乳ローションを使用する際は、その後のスキンケア製品に尿素入り製品を塗らないように注意しましょう。

5. ベタつきや匂いが気になるときは洗い流す

基本的に塗ってから5~10分なじませておけば効果が発揮されるので、ベタつきや匂いが気になる時は洗い流してオッケーです。

無調整豆乳を使うこと!

豆乳ローションは絶対に無調整の豆乳で作りましょう。

手軽に作れる豆乳ローションですが、作ってから時間が経ったものを使用するのはやめましょう。また、人によって肌に合う合わないはあるため、手の甲などでほんの少し試してからやるようにしましょうね。

マッチすれば効果を実感している人も多い豆乳ローション。一度ぜひ試してみては?