2019年1月29日 更新

ホットヨーグルトの効果がほんとにスゴイと話題に!痩せたい人はもう絶対食べとくべし♡

朝ごはんのヨーグルトを温めるだけで、腸内環境改善やデトックス効果も見込めちゃう⁈話題のホットヨーグルトの驚くべき効果とおすすめの食べ方をご紹介!美味しく、自然に健康を手に入れましょう!

442,441 views2 / 3 pages

②デトックスを促す

block_img_141675

ダイエットに欠かせないのが、カルシウム。
カルシウムは脂肪分などの排出を行うのに必要で、これが不足するといわゆる「停滞期」に陥ることになるのです。

温かい食べ物は消化機能を向上させるので、それによりヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収効率がUP。
デトックスが促進され、「停滞期」知らずのダイエット生活を送ることができるのです。


③安眠効果

ホットヨーグルトを食べるべきタイミングは、ずばり夜眠る前。

脂肪を分解するホルモンは、眠っている間に分泌されます。
そのホルモンを動かすのがカルシウムなので、眠りにつく直前に食べることをオススメします。

またヨーグルトに含まれるトリプトファンは、睡眠物質の分泌に使われます。
そのため寝る前に食べることで、質の良い睡眠につくことができるのです。


ホットヨーグルトの作り方

ダイエットに健康にと、思わず期待が高まるホットヨーグルト。
作り方が簡単なことも、長続きしやすい秘訣のようです♡

レンジでチンするだけ!

block_img_141691

ホットヨーグルトの基本のレシピは、200mlのヨーグルトに小さじ1のはちみつ、30mlの水を混ぜ、よく混ぜてレンジでチンするだけ♪

目安としては500Wで1分30秒。
耐熱容器に入れ、ラップを掛けずにそのまま加熱します。


作るときの注意点

とっても簡単なホットヨーグルトですが、ひつとだけ注意点があります。 それは、温めすぎてしまうこと。

50度を越えると、ヨーグルトの乳酸菌が弱ってしまって、効果が薄れてしまうそうです。

また、分離して味や見た目も悪くなってしまうので、加熱しすぎないようにしましょう。


ホットヨーグルトのアレンジレシピ

①シナモンをかけて健康促進!

block_img_141699

まずオススメしたいのが、ホットヨーグルトにシナモンをふりかけるレシピ。

漢方や生薬でも使われるシナモンには、抗菌機能を持つほか自律神経を整えたり血行を改善する働きがあります。
また整腸作用を持っていたり、安眠効果をもたらしてくれるなど、ヨーグルトと同じように健康を促進してくれる成分がたくさん含まれているのです。