2016年10月3日 更新

妙に話題になってる「ノンフライヤー」って実際どうなの?

233,122 views

『デメリットだってあるはず!』

テレビやネットで話題沸騰中の「ノンフライヤー」。あまりに絶賛されすぎていて、なんだか怪しい…。

-

1. 油を使わずに揚げ物が作れる油を一切使わず熱風で揚げ物を作る「ノンフライヤー」でいろいろ作ってみました - GIGAZINE - gigazine.net

最高200度の熱風を上から下へ高速に対流循環させる技術で食材全体を一気に加熱し、油で揚げなくてもサクサクの揚げ物を作ることができる。

-

4. ニオイや油の飛び散りもなし【試用レポート】フィリップス ノンフライヤー EDION - エディオンネットショップ - www.edion.com

火も使わないので、小さいお子さんがいる家庭でも気軽に揚げ物ができますね。キッチンも汚れないし、揚げ物なんて作りたくない夏場にも便利。

-

5. レシピ集がついてくるから失敗もなし製品特長 | フィリップス ノンフライヤー - www.japan.philips.co.jp

バスケットに予熱した食材を入れて、レシピ通りの温度と時間を設定したらあとは待つだけで色々な揚げ物が作れちゃいます。

-

1. 意外と焼きムラが多い価格.com - フィリップス ノンフライヤー HD9220 のクチコミ掲示板 - bbs.kakaku.com

多くのブログなどで指摘されてるのがこれ。上側に白っぽい感じが残ってしまうそう。半分くらい時間が経ったところで裏返した方がいいんだそうです。

-

3. 本体が意外と大きいメルログ: ノンフライヤー - merci.blogzine.jp

目安として炊飯器をひと回り大きくした感じです。重さも7kgと結構重く、調理のたびに出し入れして使用するには不便です。

-

4. さっぱりしすぎるので油好きな人には物足りないかも油を使わず揚げ物ができる『ノンフライヤー』の実力検証 (@DIME) - Yahoo!ニュース - zasshi.news.yahoo.co.jp

よりサクサクに仕上げるには油をちょっぴり入れる。エビフライも油をちょっとたらして調理すると、格段に揚げたフライに近い食感になるんだそう。

-

5. 天ぷらはなかなか難しいノンフライヤー 天ぷら - nonflyer.meblog.biz

天ぷらというよりフリッターのような感じになってしまうようです。でも、それはそれで美味しそうな気もしますね。

-

1. 機能はどうだろう「ノンフライヤー」とウォーターオーブン「ヘルシオ」の違いを調べてみた | memobits - m.designbits.jp

「ノンフライヤー」は揚げ物専用。「ヘルシオ」なら揚げ物以外にも焼いたり蒸したりもできます。さらにヘルシオには余分な油を落とすだけでなく、減塩効果もあるのでより健康的かもしれませんね。

-

2. 手間が違う「ノンフライヤー」とウォーターオーブン「ヘルシオ」の違いを調べてみた | memobits - m.designbits.jp

「ノンフライヤー」はパン粉をつけてそのまま入れるだけ。「ヘルシオ」は焦がしパン粉を作らないといけないので多少手間がかかってしまいます。

-

3. 調理時間が違うフィリップスのノンフライヤーってそんなに凄いか? - トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ(Blog) - plaza.rakuten.co.jp

予熱時間を含めても「ノンフライヤー」のほうが3~8分ほど調理時間が短いそう。ただし「ヘルシオ」の方が一度に調理できる量が多いので、分量が多い場合は逆転してしまうこともあるんだそうです。

-

4. 置く場所をどうするのかフィリップスのノンフライヤーってそんなに凄いか? - トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ(Blog) - plaza.rakuten.co.jp

「ヘルシオ」は既にある電子レンジの置き換えだから、新たに場所は必要ない。「ノンフライヤー」はそのために新たに場所を用意する必要があります。

-

5. 味はどうだろうあたしんちの♪楽笑キッチン ヘルシオでからあげ - atakitchen.blog45.fc2.com

からあげに関しては「ノンフライヤー」だとサクサクに仕上がってヘルシオより上だという声も。「ヘルシオ」だとほんのちょっとべちゃっとした部分があったり。リンク先でヘルシオを使ったカリっとしたからあげの作り方のコツが紹介されています。

-

6. どちらも天ぷらを作ることはできないヘルシオで天ぷらがつくれる? - Yahoo!知恵袋 - detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

作ることはできないんですが「ヘルシオ」は一度揚げて冷めた天ぷらでも、再加熱すると余分な油を落としてくれてカラッと仕上がる。「ノンフライヤー」でも恐らく同じことができると思われます。

-

紹介されているグッズ

-