2019年7月6日 更新

寝坊してもこれで大丈夫!できるだけ早く「寝癖」を直す方法とは…☆

忙しい朝、大敵なのが「寝癖」ですよね。寝癖直しって水つけて乾かせばいいんでしょ?とお思いの方、ちゃんとコツがあるんですよ。この記事では時短で出来る寝癖の直し方と、そもそも寝癖を付けない秘策をご紹介します!

361,447 views1 / 3 pages

寝癖直しの悩みは今日でおしまい!

朝、起きて遅刻ギリギリの時間なのに、寝癖がひどい…
なんて経験したことありませんか?

急いているからシャワーを浴びる時間はないし、困りますよね。

今回はそんな困った寝癖を直す方法をご紹介していきたいと思います!



スポンサードリンク

基本的な寝癖直しのポイント

①まずは髪を濡らす

block_img_5864

寝癖を直そうとして濡らすとき、はねている毛先だけに水分を含ませる人が多いですが、実は寝癖の原因は根元なんです。

毛先は軽く、根元はしっかり濡らすようにしましょう。


②乾かす前に少し時間を置く

block_img_5865

水分が髪の根元の内部までしっかり浸透してからじゃないと寝癖は直りにくい!

なので、濡らしてから2~5分そのままにした後乾かすようにしましょう。


③ドライヤーで乾かす

block_img_5866

髪を乾かすときも大事なポイントは根元から乾かすことです!

ドライヤーを左右に軽く揺らしながら根元に当てていきましょう。
髪を流したい人は流したい方向に向かって乾かしましょう。


寝癖を直すコツ《蒸しタオル編》

①蒸しタオルを頭に被せる

軽く濡らしたタオルを1分ほどレンジにかけて蒸しタオルを作ります。
それを巻くと、蒸気で寝癖が直っていきます。

巻いて放っておけばいいので、忙しい時にオススメです!