2019年9月5日 更新

女性でも簡単にできる!固い「ビンの蓋」を簡単に開ける方法とは?

どんな方法を試しても瓶の蓋が開かない…なんて時ありますよね? 力みすぎて手がジンジン真っ赤になってしまうなんてことも…!そんな時に知っておきたい。固い瓶の蓋を簡単に開けるテクニックをご紹介します♪

2,520,644 views2 / 3 pages


④片ひざを立てた姿勢で開ける

片足のひざを立て、立てたひざの上にビンを乗せます。

この体勢だと力が入れやすくビンをしっかりと固定できるので、瓶の蓋を開けやすくなります◎

少し痛いかもしれませんが、服の上からでなくひざに直接ビンをおいたほうが滑らないので開けやすくなります。


⑤手首を動かさないと意識して開ける

腕をまっすぐ前に伸ばして、ビンと蓋を力一杯しっかりと持ちます。

そのまま手首を動かさないように注意し、ひじを横にぐっと曲げながらビンを体に引き寄せてください。

一気に力を加えられるので、意外なほどすんなり開ける事ができます。

ポイントは、手首を動かして開けようとせず手首は固定する事。
肘や腕で開けるように意識する事
です。


道具を使う瓶の蓋の開け方

①瓶の蓋の部分を温める

小鍋に瓶の蓋が浸かる程度の水を入れて温めます(持てる熱さにしたいので50℃程度)

そこに瓶の蓋をつけ、1分ほど温めましょう
お湯で温める代わりに蒸しタオルなどを被せてもOKです。


②輪ゴムを瓶の蓋に巻きつける

瓶の蓋が開かない時、滑って力が入らないという事もありますよね。

そんな時は瓶の蓋に輪ゴムを数本巻き付けるのがおすすめです。

手と瓶の蓋がしっかりと固定され滑らず力がフタ全体に伝わるので簡単に開ける事ができます。


③ゴム手袋を使う

輪ゴムと同じ要領で滑り止めになります。
もちろん滑り止めの付きの軍手でもいいですね。

瓶の蓋に輪ゴムを巻きつけ、更にゴム手袋を使えば、滑り止めの効果が倍増です。