2017年1月6日 更新

混雑してる「ディズニーランド」をできるだけ効率よく周るための豆知識

507,094 views

ディズニーランドをできるだけ効率よく楽しもう!

A photo posted by ★KAEDE★ (@kaede_0506) on

1.開園の2時間前には到着しておく

A photo posted by みづき (@miiiii_59) on

朝一番にパークに入れるかどうかで、1日の行動がぐっと変わります。入園待ちの列は開園まで1時間を切ると急激に伸びるので、とにかく早く行くことが大切です。

2.激混みの日は前売り券を買っておく

A photo posted by yi (@yutoishige0508) on

激混みの日(GWのピークやお盆のピークなど)は、入場制限されてパーク内にすら入れない可能性があります。制限がかかる場合は大体開園から2~3時間後なので、早く行くか前売り券を買っておいたほうがいいでしょう。

3.とにかく早く入場したい人はディズニーホテルに泊まる

A photo posted by satomi (@satomi_ckey) on

ホテルに泊まった人は、一般開園15分前に宿泊者専用のゲートから入場することができます。ただし、ファストパスは通常の開園時間にならないと発券できず、利用できる施設は一部に限られます。

4.ガイドツアーを利用する

A photo posted by Miki🙋 (@mm_mouse5225) on

ガイドツアーを使えば、アトラクションに優先案内してもらえたり、ショーやパレードを専用の鑑賞エリアから見れたりと様々な特典があります。激混みの日でも人気アトラクションに乗ることが可能です。混雑する日はかなり早くに受付け終了となるので、開園してすぐに受付を済ます必要があります。

5.人気アトラクションは「ファストパス」を利用する

A photo posted by na (@77nanna) on

ファストパスを取れば、アトラクションにほとんど並ばずに乗れます。ただしファストパスを一つ取ると「取ったアトラクションの開始時間」か「取った時間から2時間後」まで他のアトラクションのファストパスは取れません。なので、絶対に乗りたいものを決めておいて、開園と同時に取りに行きましょう。

6.レストランは「PS」を利用する

パークの入り口に最も近い人気アトラクションなので、ファストパスがなくなる時間が最も早い。閉園間際でも帰る途中で行く人が多いので、とにかく朝一番に行くのが無難です。

A photo posted by みき (@mimiki1986) on

プライオリティ・シーティング(PS)。空席ができたら優先的に案内してもらうことができるシステムで、レストラン版ファストパスのようなものです。激混みの日はこれを利用しないと食事をするだけで何時間も待つハメになります。こちらは1ヶ月前から電話やインターネットで予約しておくことができます。

朝一番で行くべきアトラクション

A photo posted by YUIKA (@yui.ko_802) on

1.モンスターズインク

A photo posted by Yuunoshin (@yuuno19990925) on

2. プーさんのハニーハント

A photo posted by 아 이 (@_1__92) on

開園から閉園間際まで常に混雑しています。開園直後に乗ってしまうかファストパスを取っておかないとかなりの待ち時間が必要になるでしょう。

3. バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

家族連れの多い休日などは、早くにファストパスがなくなります。特に子どもに人気なので夜になるとある程度空いてくるようです。

4. スプラッシュマウンテン

A photo posted by @mas.k32 on

特にスタンバイが長くなるアトラクションなので、ファストパスを使ったほうがいいでしょう。また、パークの一番奥にあるので閉園間際になるとある程度空いてくるようです。

少し余裕のあるアトラクション

1. ホーンテッドマンション

A photo posted by おとは (@otohaaaa_) on

夜になると空いてくるので狙い目です。ただし、混んでいる日はファストパスがかなり早めになくなることもあるので注意。

2. ビッグサンダーマウンテン

かなりの人気で常に長い待ち時間となるアトラクションです。しかし、ファストパスは混雑している日でも昼頃まで残ってることもあります。

3.スペースマウンテン

A photo posted by @y.u1118 on

いつもはあまり人気がないアトラクションですが、学生などが多いと混雑します。ファストパスはけっこう遅くまで残っているので、後回しにしておいてもよさそうです。

4. ミッキーの家とミートミッキー

午前中にもっとも混雑することが多く、午後は少し落ち着いてくるようです。

さらに知っておきたいコツ

1. 開園までの待ち時間に作戦を練っておく

アトラクションなどを「絶対に」「できるだけ」「余裕があれば」にランク付けしておきましょう。このようにみんなで作戦を立てる作業もとても楽しいですよ。

2. お土産は午前中に買っておく

A photo posted by 馬場孤蝶 (@1984candra) on

ショップは時間が経てば経つほど混雑します。なので、できるだけ早い時間(11時~15時ぐらい)に買っておいたほうがいいでしょう。お土産は買ったらエントランスのところにコインロッカーがあるのでそこに預けておけます。

3. 夕食も早めに済ます

A photo posted by naomi (@n.imoan) on

夕食は16時台に取っても早すぎるということはありません。混雑回避や、パレードなどのためにも早めに済ましておいたほうが良いでしょう。

4. 人気アトラクションは午前中がキモ

A photo posted by @disney_miwa on

まず朝一番に目当てのアトラクションにスタンバイで乗り、そのあとはファストパスとスタンバイを効率的に使った方が良いようです。午前中に人気アトラクション、昼間に買い物や待ち時間が短いアトラクション、夜にエレクトリカルパレードや花火を楽しむのがベストかもしれません。

5. 比較的待ち時間が短いアトラクションは

A photo posted by 小実 (@konomipooh) on

「カリブの海賊」「ウエスタンリバー鉄道」「イッツ・ア・スモールワールド」「スイスファミリー・ツリーハウス」「スターツアーズ」などは、ライドの定員が多かったり、ゲストの回転が早く、比較的混雑しません。

6. 混雑に疲れたらシアター系アトラクションに行く

A photo posted by _elliy_ (@_elliy_) on

昼間の混雑してる時間帯など、休憩もかねてシアター系のアトラクションに入るのも良いです。室内はエアコン(冷房・暖房)が効いているので快適です。「カントリー・ベア・シアター」「フィルハーマジック」などあります。

7.モバイルサイトに登録しておく

A photo posted by AyaKa (@a.popn_life) on

アトラクションの待ち時間やファストパスの発券情報などがリアルタイムにチェックできます。ガイドツアーやPSの受付情報もチェック可能で、絶対に登録しておいたほうが良いでしょう。

▼「ディズニーシー」を効率よく周るための豆知識はこちらをチェック♪

混雑してる「ディズニーシー」をできるだけ効率よく周るための豆知識

m3q.jp