2017年4月26日 更新

「洗濯物がクサい!」そんな時効果的な【ニオイの取り方&防止策】

洗濯物の生乾きの匂いって本当に嫌ですよね。せっかく乾いても臭いと着る気もなくなってしまいます。その原因ってもしかして雑菌のせいかも?今回は『洗濯物が臭う原因と対策(防止法)』を紹介します!

283,968 views1 / 2 pages

洗濯物の嫌な臭いのとり方

梅雨の時期に決まって頭を悩ませるのが部屋干しした洗濯物のニオイ。なかなか乾かないだけでイライラなのに、せっかく乾いてもクサいんじゃもう最悪。しかも一度ニオイがついてしまうとまた洗濯したところで全然取れません。そんなニオイを取る方法やニオイをつけないためのコツを集めてみました。

スポンサードリンク

なんであんなに臭くなるの?

block_img_6902

1. 汚れがちゃんと落ちてないから

生乾き臭の原因は、皮脂や汗のたんぱく汚れが十分に落ちていないから。こうした汚れは雑菌の大好物なので、雑菌がどんどん繁殖してしまい臭いの原因になります。

2. 乾くまでに時間がかかっているから

洗濯物が早く乾きさえすれば、こうした雑菌の繁殖も抑えられます。なのでなかなか乾かない梅雨の時期などは臭いが出てしまうんです。

参考

洗濯物の臭い(モラクセラ菌)をとる方法 洗濯王子 とくダネ

染みついてしまったニオイの取り方

block_img_6905

1. 酸素系漂白剤(粉末)で浸け置きする

洗剤(粉末)+酸素系漂白剤(粉末)+お湯(50℃程度)に20分ぐらい浸け置きする。このお湯がポイントでこれが熱すぎても低すぎても雑菌は殺せません。そのあと普通に洗濯すれば確実に臭いは取れます。

2. 逆性せっけんを使う

武田薬品から「オスバンS」という商品名で出ています。生乾きのニオイや加齢臭、脇汗のニオイなど何でも消えます。ただし逆性せっけんは洗剤と一緒に使えないので、これに衣類を浸けてから洗濯してください。

3. みょうばん水を使う

ペットボトル(2L)にみょうばん(40g)を入れてみょうばん水を作ります。みょうばんは溶けにくいので、使う2~3日前には混ぜておきましょう。これをすすぎの時にコップ1杯投入。洗剤と一緒に使うと洗剤カスができて余計臭くなるので注意です。

4. おしっこ臭を取るには

すすぎの時に、水(5L)に対しクエン酸(1~3g)を入れるだけでアルカリ性の臭い(アンモニア臭、納豆臭、生ごみ臭、など)が消える。クエン酸の代わりに酢でもいいようです。

参考


洗濯物が臭くてストレス (2) : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

洗濯するときに気を付けたいポイント

block_img_6910

1. 洗濯機を洗濯カゴの代わりにしない

洗濯するときに初めて洗濯機に入れる。これがかなり重要。洗濯機を洗濯カゴ代わりにするのは、菌が大繁殖するので絶対NGです。

2. 1回の洗濯量を減らす

一度にたくさんの衣類を洗濯すると、衣類が絡むのでしっかり洗えなくなり、汚れがきちんと落とせません。