2017年5月26日 更新

妊娠初期症状と生理前症状ってどう見分けるの?実は誰でもわかるような違いがあるんです♡

症状がよく似ていると言われている「妊娠初期症状」と「生理前症状」。もし生理が遅れていたりした時は、どのようにして見分ければいいの?この記事では見分けるポイントをご紹介します♪

41,955 views1 / 2 pages

どうやって違いを見分ければいいの?

妊娠初期症状と生理前の症状はよく似てるって言われてますよね。 妊娠が待ち遠しくてよく初期症状をチェックしてるんだ~っていう人も、見分けがつきにくくてすっごい困るってことが多いはず。 でも実はこれって、実際に経験した人の話によると明らかな違いが出てくるみたいなんです。

スポンサードリンク

妊娠初期症状って生理前の症状とは明らかに違う!?

実際に体験した人たちの話を見てみると、ほとんどの人がいつもとはなんか違う!って感づいてたみたい。もちろんいつもの生理前と同じだったって人もいるんだけど、大体の人は妊娠初期症状を体験してるってわけですね。

ということは、自分の普段の生理前の症状をちゃんと把握しておくっていうのがすっごく大切。明らかに違う症状が出てるなっていうときは参考になりそうです。

生理前の症状って色々とあるけど、起こりやすい症状は人それぞれで変わってきますよね。そして、その症状は毎回同じっていう人が多いはずです。そんな生理前の症状がいつもと違うなって感じたら、それは妊娠初期症状の可能性が高いんです。

妊娠初期と生理前を見分けるための症状の違いって?

そうは言っても、いつもと違う症状が出たのに妊娠してなかったってケースが多いのも間違いないです。妊娠初期症状もPMS症状も、結局はホルモンバランスが急激に変化することによって起こる身体の不調だから、見分けるのがなかなか難しい…。というか同じ症状になるのも当たり前なんです。

そんな妊娠初期と生理前を見分けるにはどうすれば良いのか。実は見分けやすいポイントがあるようなのでチェックしてみましょう。

▽ 下腹部の痛み方の違い

よくある妊娠初期症状として、下腹部がチクチク痛むっていうのがありますよね。実は妊娠したときと生理前では子宮の動きが違うんです。

生理前は着床されなかったことで、子宮内膜が剥がれるように子宮が収縮するので、ギューッと内側に向かって縮まるような痛みが生じます。

妊娠したときは子宮内膜を厚くするために子宮が膨張し、グーッと外側に向かって広がるような痛みが生じます。この痛みの違いに注目しておけば、妊娠初期と生理前を見分けることができるかもしれないですね。

▽ 食べものなどの嗜好の変化の違い

生理前ってやけに甘いものが食べたくなりますよね。これは生理前にも妊娠初期にも現れる症状で、ストレスの原因となるホルモンが甘いものを要求するからです。

でも妊娠初期症状でよく言われる、食べ物の好みが変わったり好きだった匂いがイヤになったりっていう症状。これって生理前はあんまり出ない症状じゃないですか?こうした変化が身体に現れたら、妊娠の可能性を思っても良いかもしれないです。

▽ おりものの違い

妊娠するとおりものに変化が出てきます。