2018年1月23日 更新

【お風呂の鏡についた頑固な水垢】家庭にあるもので簡単ピカピカお掃除

気がつくとお風呂の鏡やガラス、蛇口にこびりついている水垢。うろこ模様で、あまり気持ちのいいものではないですよね。そこで、そんなしつこい水垢を簡単にお掃除できる「水垢落とし」方法をご紹介します。

1,977,536 views1 / 2 pages

お風呂の鏡、ガラス、気がつくと水垢が…!

お風呂の鏡や水道の蛇口など、水回りは気が付くと水垢がびっしり。

一度ついてしまった水垢は、ちょっとやそっとこすったぐらいでは落ちませんよね…。

そんな頑固な水垢を、簡単に落とす「水垢落とし」方法をご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも水垢って何?

block_img_7804

水道水には、カルシウムやマグネシウムなどの金属元素が含まれています。

お風呂場では、水からカルシウムやマグネシウムが分離して出てくる事によって、水垢となります。

つまり、水垢の正体は、カルシウムやマグネシウム。つきはじめは落ちますが、しばらくすると落ちにくくなるので注意が必要です。

基本の水垢落とし方法

block_img_7809

水垢落としには大きく分けて2つの方法があります。

1.酸性洗剤を使って落とす方法

2.研磨剤を使う方法

水垢がつきはじめの時期は、酸性の洗剤を使って水垢落とししましょう!

水垢はアルカリ性なので中和させて取り除きます。

また、時間の経ってしまった水垢は、研磨剤を使って削って落としてください。

つき始めの水垢を落とす方法

お風呂の鏡についた水垢や、ガラスなどについた水垢は、つき始めの時は、酸性洗剤を使って水垢落とししましょう。

ただし、酸が金具を腐食させる場合があるため、使う場所には注意が必要です。鏡のフチの金属部分などは、酸によって錆びてしまう事もあるので注意しましょう。

酸性洗剤の他に、家庭にあるもので水垢落としできるものをご紹介します。

1.お酢を使って水垢落とし