2017年5月4日 更新

赤ちゃんに届いてる?「胎教」って本当に効果あるの?

妊娠中は赤ちゃんの胎教の為、様々な工夫をこらしている方が多いですよね。でも赤ちゃんにママの声は届いているのか、胎教は効果があるのかどうか、自分では分からない事も…そこで、胎教は本当に効果があるのかどうか、調べてまとめてみました。

174,618 views2 / 2 pages

③焦る必要はありません

家事や仕事、子育てで忙しく、お腹の中の赤ちゃんのために胎教の時間がとれない!赤ちゃんの為に何も効果がなくなってしまう……といった悩みを抱えている妊婦さんも多くいるそうです。 ですが、焦る必要は全くありません。 まずは、胎教に効果的なのは、お母さんの精神状態が安定している事。 焦らず自分のペースで、マタニティライフを楽しみましょう。

胎教はいつから始めるのが効果的?

block_img_11023 そもそも胎教は、いつから始めるのが効果的なのでしょうか?

①妊娠5~7ヶ月目くらい

特にいつから胎教をしなくてはいけない!というような決まりはないので、ママの体調がよい時など、自分のタイミングで行って大丈夫です。 ただ、胎教の効果という点を考えると、赤ちゃんに耳が形成されて、聞こえるようになるのが妊娠28週頃なので、その頃から始めるのが効果的と言えます。

②まずコミニュケーション

お母さんが今どんな気持ちか、日々の出来事など、赤ちゃんに優しく語りかけてあげましょう。 赤ちゃんはお母さんの声を聞くことで、とてもリラックスでき、胎教に効果的です。

③パパも話しかけて

block_img_11026 父親というのは自分で産むわけではないので、なかなか実感が湧きにくいものです。 なのでパパと赤ちゃんのコミュニケーションもとても大切♪ たとえ声が届かなくても、赤ちゃんに話しかけることで、父親になるという実感が徐々に湧いてくるでしょう♪

胎教に効果のあることって何?

block_img_11027 まずはお母さんがリラックスすることが、胎教には大切という事が分かりましたが、具体的に胎教に効果がある事とは何があるのでしょうか?

①音楽を聴く

一般的には、クラシックやオルゴール音などが胎教には効果的とされています。 これらの音楽にはリラックス効果があり、胎教にいいと言われていますが、音楽の好みは人それぞれです。 胎教にはまずお母さんがリラックスする事が大切なので、胎教にあまりこだわりすぎず、お母さんが聞いていて心地よい音楽を聞くのが一番効果的です。

②絵本などの読み聞かせ

絵本を読み聞かせるというのも、胎教にはとても効果があります。 お母さんの声を聞かせてあげる事で、赤ちゃんもリラックスする事ができます。 お母さん自身も本を読んでいる間は、落ち着いたリラックスできる時間を持つことができるので、2人にとってとても効果のある方法です。 

③マタニティヨガ

block_img_11031 妊婦さんに大人気のマタニティヨガ。 ゆったりとした動きと呼吸で、心身ともに落ち着くことができます。 しっかりとヨガを勉強している先生なら、マタニティヨガのクラスでは、妊婦さんにとって危険となるポーズは行わないので、安心して受ける事ができます。

④お腹をなでたり叩いたりしてあげる

大きなお腹をなでるのも立派な胎教の一つ。 お腹を軽くたたいて赤ちゃんの反応を楽しむ、キックゲームという胎教もおすすめ。 赤ちゃんの存在をより強く感じられるようになるので、胎動を感じられるようになったらぜひ試してみてくださいね。

胎教も楽しみの一つに♡

block_img_156208 いかがでしたでしょうか? まず大切なのは、お母さんがリラックスできる環境作りです。 それがなにより一番胎教に効果的です。 もし困ったことや、心配な事があったら、かかりつけの先生にすぐ相談しましょう。 お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションを大切に、マタニティライフを楽しく過ごしてくださいね♡