2018年6月11日 更新

こなれ感を演出♡覚えておきたい春のトレンチコートの結び方3パターン

暖かいとトレンチの前ボタンを開けて颯爽歩きたいですよね!その時トレンチコートのベルト、どうしようか迷ったことはありませんか?今回はそんな小さいけど大切な悩みを解決しちゃいます♪

62,473 views1 / 4 pages

トレンチコートのベルトでこなれ感♪

画像提供: ZOZOTOWN

暖かくなってきてトレンチの前ボタンを開けて颯爽歩きたい…!

でもトレンチコートのベルトの結び方がわからず持て余している人が意外と多いですよね。

トレンチコートは結び方をちゃんとするだけで、一気にこなれ感がアップしますよ♡

トレンチコートのベルトをしっかり結んでこなれ感を演出してみませんか?

スポンサードリンク

トレンチコートの結び方の種類

画像提供: WEAR

一言で結び方と言っても様々な結び方があります。

ここでは、人気のある定番3パターンの結び方をご紹介します!

画像提供: WEAR

●定番のトレンチコートの結び方【ワンテールの結び方】

まずはワンテール結びのやり方をお伝えします。

ワンテール結びはベルトの一方の端を縦に垂らすスタイルで、最も基本的な結び方と言えると思います。

①結ぶ前にバックルを固定

まずはバックルを固定します。固定したらコートを着てウエストや肩回りのフィット感をチェックしてみましょう。ここできつ過ぎたりゆる過ぎたりしていないか確認しておきます。これはベルトを結ぶ前に確認しておくことで後で気づいて結び直す手間を省くためです。

②腰のベルトへ通す 輪を作りながらベルトの先をバックルの下から通します。

③2でできた輪の中に通す ベルトが長い場合はここで2〜3回輪に通して長さを調整すると◎

形を整えて完成です♪

●定番のトレンチコートの結び方【ダブルテール結び】

ダブルテールは、ベルトの先とバックルの両方を垂らす結び方です。

形が崩れにくく、ウエストが細くみえる効果もあります♡

①ベルトを右にずらす

出来るだけベルトを右にずらし、バックルのない方が長くなるよう調整します。

②交差させる

長い方(バックルのない方)を上にして交差させます。

③腰のベルトへ通す