2020年6月30日 更新

クレンジングオイルはニキビを悪化させる?正しい知識と使用方法とは

クレンジングオイルがニキビを悪化させるってよく耳にするけど本当なの…? 今回はそんな疑問を徹底解決しちゃいます☆

3,487 views2 / 3 pages

②界面活性剤
界面活性剤とは、本来混ざり合わない水と油を混ぜ合わせる働きを持つ物質の事を言います。

油分が多く含まれるファンデーションを落とす場合に効果的なため、多くのクレンジング剤に配合されています。

悪い物質という訳ではないですが界面活性剤は肌に刺激が強いため、濃度が高いものを使用したり、長い時間肌に付けていると肌細胞を壊してしまいます。

適量であれば健康な肌に悪影響を及ぼす可能性が少ないですが、過剰に使用するとニキビが悪化する恐れがあるので注意が必要です!


スポンサードリンク

クレンジングオイルの注意点

オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれており、
メイクアップと油をなじませるために必要な成分です。

界面活性剤は洗浄力が強く刺激になるため、オイルクレンジングはメークが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です!


洗浄力に優れている

block_img_125937

クレンジングオイルは酸化した皮脂だけでなく、大気中の汚染物質も落とします。

それだけ洗浄力のある化粧品なのです。


肌の潤いも洗い流す

block_img_126010

クレンジングオイルはなめらかな感触なので滑りやすいので、無意識のうちに強くマッサージしたりゴシゴシとこすってしまいがち。

お肌を傷つけてしまう場合があります。
ニキビ肌には潤いが不足しているので、注意が必要ですよ!

コツは力を入れずに、やさしいタッチで「指の腹で軽くおさえる程度」に◎


しっかり洗い流すことが大切

block_img_126223

クレンジングオイルのすすぎ残しは、
ニキビ悪化の原因に直接つながります。

シャワーなどで洗い流すとすすぎ残ししやすいので要注意!